★具体的製品例によりアクリル樹脂を紹介するとともに、他樹脂との性能・特性比較、新しい機能性付与技術についても解説!!

アクリル樹脂入門【LIVE配信】
~モノマー合成・ポリマー製造・高性能化・分子設計~

※本セミナーはZoomを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はできません。

セミナー概要
略称
アクリル樹脂【WEBセミナー】
セミナーNo.
210753
開催日時
2021年10月27日(水) 12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
講師
三菱ケミカル(株) イノベーション推進本部 技術基盤部
          フェロー 高分子TPFリーダー Ph.D. 槇野 隆之 氏

<ご専門>
 高分子合成

<学協会>高分子学会

<ご略歴>
 1985年 旧三菱レイヨン(MRC)入社
 1993年 University of Southern California 博士課程留学
 2002年 MRC中央研究所(現広島研究所) GM
 2004年 MRC研究開発統括部 担当部長
 2007年 MRC豊橋研究所(現愛知研究所)高機能化学研究室長
 2012年 MRC大竹研究所(現広島研究所)アクリル樹脂研究室長
 2017年4月 三菱化学、三菱樹脂、三菱レイヨン3社統合により三菱ケミカル(MCC)発足
 2018年 MCC 愛知研究所長
 2020年03月 定年退職 
 2020年04月 新事業創出部 部長付 兼Science & Innovation Center センター長付
 2021年04月 イノベーション推進本部 技術基盤部 兼 Science & Innovation Center センター長付
 ※この間
 1997年05月 University of Southern California にてPh.D.取得
 2018年09月 高分子学会より 高分子学会フェロー表彰
 2019年04月より 三菱ケミカル株式会社フェロー、高分子TPF(テクノロジープラットフォーム)リーダー
価格
非会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
会員:  46,200円 (本体価格:42,000円)
学生:  49,500円 (本体価格:45,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーです。

・セミナー資料は事前にPDFで送付します。セミナー資料の無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。この点にご了承の上、お申し込みください。


【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】

1.Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードして下さい。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。

2.セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧下さい。セミナー開始直前のトラブルについては対応いたしかねますのでご了承下さい。

3.開催日の数日前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加下さい。
講座の内容
習得できる知識
・アクリル樹脂の特性(他の透明樹脂との比較)
・ラジカル重合法の基礎
・アクリル樹脂の改質法
・構造制御重合法の基礎
 
趣旨
 アクリル樹脂を中心とするメタクリル系ポリマーは、その優れた耐候性、透明性および表面光沢などの特性により、車両部材、光学部材、土木・建築部材、塗料用樹脂などの分野で幅広く使用されている。まず、アクリル樹脂についてその原料であるモノマーの合成法、工業的ポリマー製造法を説明する。具体的製品例によりアクリル樹脂を紹介するとともに、性能・特性を他樹脂との比較において解説する。 その際、劣っている性質(技術的課題)及びその解決の考え方、新しい機能付与など構造制御重合によるメタクリル系ポリマーの分子設計の現状について概説する。
 
プログラム

1.アクリル樹脂の基礎知識
 1-1.アクリル樹脂とは?
 1-2.アクリル樹脂の歴史

2.アクリル樹脂に使用されるモノマー
 2-1.メタクリル酸メチル(MMA)の工業的製造方法
 2-2.各種メタクリレートモノマーとそのポリマーの特性

3.アクリル樹脂の工業的製造法
 3-1.重合の基礎
 3-2.各種工業的製造法(塊状重合、懸濁重合、乳化溶液重合、光ラジカル重合)

4.実用製品例
 ・成形材料、シート、フィルム、樹脂添加剤、塗料用樹脂、UV硬化樹脂、
 ・土木部材、光学部材など

5.アクリル樹脂の特性
 4-1.他の透明樹脂との特性比較(光学的性質、耐候性、色調、硬度、吸水特性など)
 4-2.メタクリル系ポリマーの特性から見た課題

6.アクリル樹脂の高性能化
 6-1.改良方法
 6-2.性能・機能の改良(耐衝撃性、耐熱性、難燃性、表面特性など)

7.アクリル樹脂の分子設計
 7-1.構造制御重合の基礎(アニオン重合、ラジカル重合)
 7-2.分子量制御、立体規則性制御
 7-3.ブロック・グラフトポリマーとその応用

スケジュール
12:30-14:20 講義
14:20-14:30 休憩
14:30-16:30 講義

※講義の進行状況により多少前後いたします。
キーワード
アクリル、メタクリル、ポリマー、モノマー、樹脂、透明、光学、合成、重合、セミナー
関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連するタグ
フリーワード検索