★最初に光学系の基本的な用語と,光学設計の基本となる近軸理論・三次収差について解説します!
★色々な光学系の実例を示しながら,どういう構成にすべきなのか,どうすれば性能が良くなるのか,光学系の骨組みの作り方を説明します!

光学設計入門【LIVE配信】
~近軸光学と収差,光学設計を始める前に知っておくべきこと~

※本セミナーはZoomを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はできません。

セミナー概要
略称
光学設計【WEBセミナー】
セミナーNo.
開催日時
2022年01月26日(水) 10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
講師
竹内光学設計事務所 代表 竹内 修一 氏

<ご専門>
 光学設計

<ご略歴>
 東北大学大学院工学研究科応用物理学専攻を修了後,旭光学工業(株)(ペンタックス(株),さらにHOYA(株)に社名変更)に入社.光学研究・光学設計業務に従事し,光学研究所 光学設計室長,PENTAXオプトデバイス事業部 光学設計グループ マネージャー等を歴任.その後独立し,現在に至る.
価格
非会員:  55,000円 (本体価格:50,000円)
会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
学生:  55,000円 (本体価格:50,000円)
価格関連備考
■会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ・1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーです。

・セミナー資料は事前にPDFで送付します。セミナー資料の無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。この点にご了承の上、お申し込みください。


【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】

1.Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードして下さい。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。

2.セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧下さい。セミナー開始直前のトラブルについては対応いたしかねますのでご了承下さい。

3.開催日の数日前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加下さい。
講座の内容
習得できる知識
・光学設計の基本的な用語
・近軸結像公式とその活用
・近軸理論・収差論に基づく光学系のパワー配置
 
趣旨
 スマートフォンなどに搭載されているカメラ,セキュリティ・認証システム,医療機器,照明機器等,現代社会には光学技術が欠かせない製品が溢れており,光学設計のニーズもかつてないほどに高まっています.しかし,光学設計を始めようと光学設計ソフトウェアを導入したとしても,闇雲に操作するだけでは高度化する要求に応えられる設計は出来ません.光学設計には多くのパラメーターが必要であり,その全てを自動的に最適化するのは非常に困難だからです.
 本講座では,最初に光学系の基本的な用語と,光学設計の基本となる近軸理論・三次収差について解説します.そして,それをベースに色々な光学系の実例を示しながら,このようなときはどういう構成にすべきなのか,どうすれば性能が良くなるのか,といった光学系の骨組みの作り方を説明します.光学設計ソフトウェアを使ってさらに高いレベルの設計を進めていくための出発点となる講座です.
 
プログラム

1.幾何光学
 1-1.波面と光線
 1-2.光線の経路
  1-2-1.スネルの法則
  1-2-2.屈折と反射

2.近軸光学
 2-1.近軸量
  2-1-1.物体と像
  2-1-2.理想結像
  2-1-3.焦点距離と画角
  2-1-4.倍率
  2-1-5.絞りと瞳
  2-1-6.明るさ・Fナンバー
 2-2.近軸結像
  2-2-1.近軸光線追跡
  2-2-2.結像公式
  2-2-3.近軸公式の活用

3.収差
 3-1.収差の分類
  3-1-1.三次収差
  3-1-2.色収差
  3-1-3.正弦条件
 3-2.収差係数
 3-3.単レンズの収差
  3-3-1.レンズの形状と収差
  3-3-2.レンズの配置と収差
 3-4.非球面の効果

4.光学系の性能
 4-1.収差図の示すもの
 4-2.設計性能の評価
 4-3.誤差感度の低減

5.光学系の構成
 5-1.非球面単レンズの設計
 5-2.色消しレンズの設計
 5-3.望遠レンズの設計
 5-4.広角レンズの設計
 5-5.標準レンズの設計
 5-6.ズームレンズの設計

スケジュール
10:30~12:00 講義
12:00~12:50 昼食
12:50~14:30 講義
14:30~14:40 休憩
14:40~16:30 講義
※進行状況により多少変更します。
キーワード
光学、設計、レンズ、収差、反射、屈折、非球面、スマートフォン、近軸、セミナー
関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連するタグ
フリーワード検索