ホーム > セミナー > 異種材料接着・接合の基礎と最新技術、及び強度/信頼性/耐久性向上と寿命予測法

異種材料接着・接合の基礎と最新技術、及び強度/信頼性/耐久性向上と寿命予測法

セミナー概要

略称
異種材料接着
セミナーNo.
cmc181001  
開催日時
2018年10月03日(水)10:30~16:30
主催
(株)シーエムシー・リサーチ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ちよだプラットフォームスクウェア B1F 会議室
講師
鈴木接着技術研究所 所長 鈴木靖昭 氏

【講師経歴】
 1965年 名古屋工業大学工業化学科卒。
 同年、日本車輔製造㈱に入社。技術研究所および開発本部にて、高圧発電機絶縁用エポキシ樹脂の研究開発、新幹線などの鉄道車両に関する有機材料の研究開発、接着接合部のFEM応力解析、破壊条件、信頼性および耐久性に関する研究・評価、有機材料等の評価、故障原因究明などに従事する。
 最終役職 開発本部 部長。工学博士(名古屋大学)。
 日本車輌定年退職後は、引き続き同社開発本部および鉄道車両本部技術部に勤務したほか,最近まで名城大学および中部大学で非常勤講師を務めた。
 現在は,名古屋産業振興公社テクノアドバイザー、岐阜県産業経済振興センター アドバイザー、とよたイノベーションセンター アドバイザー、および公益財団法人 新産業創造研究機構 NIRO 異種材料構造接着技術獲得・向上研究会 顧問として活動する。

※ 予習のため、本セミナーテキストPDFを開催3日前までにダウンロードしていただけるようにいたします。
http://www.s-adhesion-tech.com/seminarkouen.html
価格
非会員: 40,000円(税込)
会員: 36,000円(税込)
学生: 40,000円(税込)
価格関連備考
1名につき 40,000円(税込) ※ 昼食、資料代含

メール会員登録者は、36,000円(税込)
★【メール会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メール会員登録をしていただいた場合、2人目以降はメール会員価格の半額です。

講座の内容

趣旨
 信頼性が高く耐久性が大きく強い接着・接合継手を設計することを目的とする人に対し、接着力発現の原理、接着剤および表面処理法の理論的選定法、異種材料の接着,樹脂射出一体成形法、レーザ接合法,化学反応法など最新の接合法について、強度および耐久性向上のメカニズムとともに解説します。
 また、各種継手に発生する応力分布、変形、および破壊条件の解析法(CZM法を含む)、それに基づく強い接着構造の設計法、負荷応力の時間的分布と接着強度のばらつきに基づいたストレス-強度モデルによる継手の希望破壊確率を与える安全率の計算法、接着継手の劣化の主要原因である温度、湿度、機械的応力などのストレスと劣化速度との理論的関係およびそれに基づいた加速試験による寿命予測法について詳しく解説します。さらに、各種接着強度評価法はテキスト掲載のみですが、接着トラブルの原因別分類と対策(表)および具体的事例については概説し、最後にご質問に対し講師の45年間にわたる接着についての実務経験に基づき、ご回答いたします。
プログラム
1.接着力発現の原理

2.各被着材に適した接着剤の選定法

3.接着剤の種類、特徴および最適接着剤の選定法

4.被着材に対する表面処理法の選定法

5.最新の異種材料接合法

6.射出成形および融着における接着力発現のメカニズム

7.接着継手形式および負荷外力の種類

8.各継手の応力分布および強度評価

9.最適接合部の設計

10.経年劣化(強度低下およびばらつき増加)による故障率の増加(ストレス―強度のモデル)

11.所定年数使用後の接着接合部に要求される故障確率確保に必要な安全率の計算法

12.接着接合部劣化の三大要因

13.アレニウスモデル推定法(温度条件)による耐久性加速試験および寿命

14.アイリングモデルおよびジューコフの式によるストレスおよび湿度負荷条件下の耐久性加速試験および寿命推定法

15.金属/接着界面の耐水安定性についての熱力学的検討

16.接着接合部の疲労試験方法および疲労試験結果

17.接着接合部のクリープ破壊強度およびクリープ試験方法

18.接着トラブルの原因別分類と対策


質問と回答(詳細は,後日文書にて)
名刺交換 

 

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ