ホーム > セミナー > 品質部門の管理者15の盲点【名古屋開催】

常識の逆をやると、社内不良・クレームは驚くほど減ってくる

品質部門の管理者15の盲点【名古屋開催】

セミナー概要

略称
品質部門【名古屋開催】
セミナーNo.
om181001  
開催日時
2018年10月10日(水)10:00~15:00
主催
近江技術士事務所
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
名古屋国際センター 
講師
近江技術士事務所 所長 近江 堅一 氏

大手電気メーカーにて30年の工場体験を持ち、600回を超える審査実績を持つISO9001主任審査員。大手・中堅メーカーの品質部門向け社内研修やセミナー講演、工場指導、執筆活動などに従事。

価格
非会員: 32,184円(税込)
会員: 32,184円(税込)
学生: 64,368円(税込)
価格関連備考
通常価格:32,184円(29,800円+税) ※昼食代とテキスト代込
定員
40名

講座の内容

プログラム
①社内不良を減らしたいなら、「不良の原因究明」をやめなさい
②そして、「データの集計」も今すぐやめなさい
③クレームの再発防止をしたいなら、「ダブル検査」をやめなさい
④社内不良を減らすには、「品質管理(QC)手法の勉強」をやめなさい
⑤社内不良を減らすには、「製造○○」を勉強しなさい(「○○」は当日説明します)
⑥クレームを減らすには、社内不良を増やしなさい
⑦「1つルール」を決めれば、明日からクレームが無くなる!
⑧「クレームゼロ」を実現する方法と4つの施策
⑨「外注協力会社の品質」をたった1分で飛躍的に上げる方法
⑩全ての検査員が必ず起こす「2つの過ち」とは?
⑪検査員の検査力を向上させる最も簡単なトレーニング法
⑫品質保証の管理者は、「クレーム報告書」の作成をやめなさい
⑬優れた管理者は「検査合格証」を作成しない
⑭不良発生を未然に防ぐ「予防処置」4つの重要視点
⑮「ISO9001」を取得すると品質レベルが上がらない原理

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ