ホーム > セミナー > 5年後、10年後の成功をたぐり寄せる情報収集・利活用ノウハウ

【未来予測×新規事業×成長産業】

5年後、10年後の成功をたぐり寄せる情報収集・利活用ノウハウ

※会場が変更になりました(9/8更新)

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
情報収集・利活用
セミナーNo.
ssk170902  
開催日時
2017年09月15日(金)13:00~17:00
主催
(株)新社会システム総合研究所
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
TKP品川カンファレンスセンター 
価格
非会員: 32,400円(税込)
会員: 32,400円(税込)
学校関係者: 32,400円(税込)
価格関連備考
1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)
特典
「最新版 未来予測担当者必見!必須情報源リスト(調査文献・Web・単行本・海外情報等)」を進呈

講座の内容

趣旨
 ここ数年、未来予測関連のセクションを企業内に設置する動きに拍車がかかっています。ご所属先欄に「未来」「MIRAI」と書かれた名刺を拝見する機会が随分と増えました。皆様のご所属先ではいかがでしょうか?未来志向の企業が増えることは素晴らしい傾向だと思います。またセクションはまだないまでも、「未来」を意識しながら事業運営を考えるようトップの指示が下っている企業もかつてとは比較にならないほど、増加しています。講師の所属先であるMDB(マーケティング・データ・バンク)にも未来予測関連の案件は日々多数寄せられており、未来予測文献を追い求めるお客様で賑わいをみせています。
「未来を見据えて、今後の事業の方向性を検討する」というトレンドには今後も拍車がかかることでしょう。そこで重要なことが、いかに良質な情報を収集し、事業検討に活かすかという視点です。ここで確実に差がつきます。未来を見据える「視点の差」で成功するケースあるいは失敗してしまうケースを長きに渡り見てきました。いくつかのシナリオを比較検討しながら、最終的に自社シナリオを創り上げていく、もはや避けては通れないステップです。国内外において、未来を見据えての事業展開に定評がある企業は、いずれも未来予測関連情報を集める際にも確固たるセオリーを有しています。これは意外に知られていない重要な事実です。間違いなく「情報収集の質の高さ」と「見ている情報の違い」があるのです。不確実なトレンド変化に対応しスピード感を持って対応するには、研ぎ澄まされた情報収集の感覚が必ず必要となります。これが簡単ではないのです。
本セミナーでは、長年に渡り、多くの企業や大学、官公庁におけるビジネス情報収集活動を支援している講師が、未来予測トレンドの最新傾向を踏まえて、成功をたぐり寄せるための情報収集・活用手法、そしてずっと使える視点の置き方を解説いたします。意外に知られていない情報収集の手法からケーススタディはもちろんのこと、ビジネスで成功を収めるために絶対に把握しておきたい貴重な情報源の数々をご紹介いたします。
ICT関連のお客様はもちろんですが、未来を見据えてどうビジネスを展開するかについてお悩みの経営者、マネジャー、ご担当者様においては、他必ずやお役に立つ内容となっています。
プログラム
1.ビジネスシーンにおける未来予測の注目テーマ 
 ・今、注目されている調査テーマとは 
 ・これから注目しておきたい未来予測テーマ例 
 ・将来を見据えるために知っておきたいいくつかの事象 

2.実はあまり知られていない未来予測情報の収集手法 
 ・情報収集活動にはセオリーが存在する 
 ・主な情報源と特徴解説(官公庁、業界団体、展示会、調査会社等) 
 ・真っ先に理解すべきポイントとその理由 
 ・未来予測情報を分類してみる 
 ・未来を考える上で必要な「周辺」「大局」情報とは 
 ・世の中トレンド情報を知らずして… 
 ・意外な情報源とは? 

3.未来予測情報収集ケーススタディ 
 【ICT×未来予測】 
  ・人工知能 ・自動運転 ・センサー他 ・ロボット  
  ・インダストリー4.0 ・IoT ・Fintech 
 【成長産業×未来予測】 
  ・エネルギー ・農業 ・シニア ・ヘルスケア 
  ・住宅 ・シェアリング他 ・環境 ・ライフスタイル 

4.未来予測のための発想法 
 ・未来を見据えながら市場を捉える 
 ・「視野の狭さ」は企業力を弱める 
 ・未来を予測したければ●●を探すべき 
 ・キーマンを知る、そして・・・ 
 ・マネジャー必見!発想を拡げるためにお勧めしたい2つの手法 
 ・隙間を狙うという発想 
 ・未来予測×新規事業という発想 

5.多くの企業が陥るいくつかの落とし穴 
 ・多くのビジネスパーソンが悩んでいる 
 ・このような現象起こっていませんか 
 ・情報大爆発時代といえど… 
 ・未来予測への秀逸な取組み事例のご紹介 

6.説得力のあるデータとは 
 ・説得力を上げるためにはコツがある 
 ・説得力のあるデータ事例のご紹介 
 ・市場規模、市場予測のための考え方 
 ・情報をまとめるフォーマット例 

7.未来予測情報収集に役立つ最新情報源のご紹介 
 ・注目しておきたい未来予測レポートのご紹介 
 ・厳選!必読の未来予測ビジネス書 
 ・人と違う発想を得るための情報源を知る 
 ・未来予測担当者必見の専門誌とは 
 ・国内、海外の注目データベース、URL 

8.質疑応答/名刺交換

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ