ホーム > セミナー > 緻密な情報収集と分析法により実務で使える戦略入門

【企画・戦略策定部門の責任者対象】

緻密な情報収集と分析法により実務で使える戦略入門

~精度とスピードを両立させる外資系戦略コンサルのアプローチ~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
戦略入門
セミナーNo.
ssk180402  
開催日時
2018年04月11日(水)13:00~16:00
主催
(株)新社会システム総合研究所
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
紀尾井フォーラム 
価格
非会員: 32,400円(税込)
会員: 32,400円(税込)
学生: 32,400円(税込)
価格関連備考
1名につき 32,400円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,000円(税込)

講座の内容

趣旨
企業経営における「戦略」の重要性は、広く認識されています。ところが、とても戦略とは呼べないスローガンが社内で独り歩きし、相変わらず「戦略不在」の状態が続いている現象が、数多くの日本企業で見受けられます。
業界の常識に捉われ、半ば盲目的に同じ戦い方を続ける企業に、明るい展望は望めません。しかし、自社独自の戦略を採ろうにも、戦略をどのようにつくればよいのか皆目見当が付かない、新しい道を選ぶよりも「競合も同じ道を歩んでいる」という安心感を求めてしまう、というのが企業側の本音だと思います。
戦略そのものは十人十色ですが、戦略立案のプロセスには方法論があります。端的にお伝えすると、緻密な情報収集と分析によって正確性を担保しながら、仮説を進化させていくことで精度とスピードを両立させるアプローチです。
本講座では、「戦略」という抽象的なものをいかに考え、どうやって具体的で有効なものへと進化させ、社内の意思決定に繋げていくのか、ワークショップを交えながら実戦的な内容をお伝えします。
プログラム
1.戦略とはなにか 
 (1)戦略の定義 
 (2)戦略の位置づけ 
 (3)戦略の階層構造 
2.戦略のつくり方 
 (1)戦略立案のプロセス 
 (2)戦略の思考ツール 
 (3)戦略仮説の立案 
3.戦略の深め方 
 (1)戦略仮説の構造化 
 (2)仮説検証の方法論 
 (3)検証アプローチ設計 
4.戦略の進め方 
 (1)メッセージを磨き込む 
 (2)関係者を巻き込む 
 (3)意思決定者を動かす 
5.質疑応答/名刺交換 

関連するセミナー

関連する通信講座

関連するタグ