ホーム > セミナー > 高分子膜/フィルムの気体・蒸気の透過特性及び高バリア性発現メカニズムの基礎と応用

辻田先生からしか学べない、年に1度の好評セミナー!
高分子膜/フィルムの透過・拡散・収着現象の基礎を一から理解し、応用の現状・問題点・今後の展望までを知る。

高分子膜/フィルムの気体・蒸気の透過特性及び高バリア性発現メカニズムの基礎と応用

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
バリア性
セミナーNo.
st150616  
開催日時
2015年06月23日(火)10:30~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
きゅりあん 5階 第4講習室
価格
非会員: 48,600円(税込)
会員: 46,170円(税込)
学生: 48,600円(税込)
価格関連備考
48,600円 ( 会員受講料 46,170円 )
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円

​​【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の24,300円)】
 ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
 ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
 ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
備考
※資料・昼食付

講座の内容

受講対象・レベル
・大学の理系学部(工学部、理学部など)で学んだ経験がある方
・技術系の専門学校、高等工業専門学校卒業生 など
習得できる知識
高分子膜中での気体・蒸気の輸送現象(透過・拡散・収着)の基礎的理解
高分子膜中の気体・蒸気の分離・バリア性の制御
高分子中に存在させている可塑剤等の低分子化合物の挙動の把握及び制御をとうした機能発現
趣旨
 高分子透過膜,分離膜やバリア膜(材料)を通した気体や,蒸気(水蒸気)等の低分子物質の透過性の基本を原理に基づいて説明し,それぞれの高分子膜の透過・拡散・収着機構を概説する。ガラス状高分子膜、結晶性高分子膜等の透過・拡散・収着特性挙動を各論的に紹介し、高分子透過膜、分離膜やバリア膜(材料)の問題点や現状について紹介しつつ今後の展望についても紹介する。
プログラム
1.気体透過性と透湿性
  ・気体の収着・拡散・透過性
2.収着(吸収+吸着)
  ・吸収
  ・溶解度
  ・溶解度パラメータ
  ・高分子-気体・水蒸気の親和性
  ・相互作用パラメータ
3.収着機構
  ・ヘンリー収着
  ・ラングミュアー収着
  ・二元収着
  ・BET収着
  ・Flory-Huggins型の溶解
4.拡散
  ・気体・水蒸気のサイズ
  ・自由体積
  ・自由体積分率
  ・占有体積
5.透過
  ・透過測定法
  ・ガラス状高分子膜
  ・部分不動化モデル
  ・結晶性高分子膜、
  ・スマートメンブレン
6.バリア性
  ・凝集エネルギー密度
  ・水素結合形成
  ・イオン結合形成
  ・結晶部分の活用
  ・高分子鎖の配向
  ・sub Tg annealing
  ・複合化

 □ 質疑応答 □

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ