ホーム > セミナー > ウェアラブル市場の現状と普及への課題・展望

ウェアラブル市場の現状と普及への課題・展望

堅調な成長が予測されているウェアラブル市場。
その現状と更なる普及に向けた課題、社会的背景から考える市場のニーズ、消費者のウォンツなどについて解説します。

セミナー概要

略称
ウェアラブル市場
セミナーNo.
st171019  
開催日時
2017年10月24日(火)13:00~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
きゅりあん 5F 第1講習室
講師
(株)日本政策投資銀行 産業調査部 課長 青木 崇 氏/調査役 石村 尚也 氏
価格
非会員: 43,200円(税込)
会員: 41,040円(税込)
学校関係者: 43,200円(税込)
価格関連備考
43,200円 (会員受講料 41,040円 )
定価:本体40,000円+税3,200円
会員:本体38,000円+税3,040円
【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の21,600円)】
  ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
備考
※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講座の内容

趣旨
 近年、スマートウォッチだけではなく、VR(仮想現実)・AR(拡張現実)・MR(複合現実)などの体験を提供するHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を開発・販売する企業が増え、ウェアラブル市場は徐々に拡大しています。
 本講演では、ウェアラブル市場の現状について、製品の種類や特徴などの基礎的な内容を整理しつつ、特にVR/AR/MR市場の現状と今後の見通しを含めながら解説します。また、産業面から考えた普及への課題や、期待される新しい市場についても取り上げます。
プログラム
1.徐々に拡大しているウェアラブル市場
 1.1 ウェアラブルの種類
 1.2 ウェアラブルの生産台数推移
 
2.主なウェアラブル製品の紹介
 2.1 スマートウォッチ(Apple Watchなど)
 2.2 VR/AR/MR製品
   (Oculus Rift、HTC Vive、PlayStation VR、Gear VR、HoloLens、その他MRヘッドセット)
 2.3 その他(着衣型バイタルセンサ、Arbitrator、UAhealthBox、WristableGPS)
 
3.VR/AR/MRの現状と今後
 3.1 定義
 3.2 活用事例
 3.3 代表的製品
 3.4 普及状況
 3.5 主要なプレイヤー
 3.6 今後の見通し
 
4.普及に向けた課題と展望
 4.1 課題①:介護・医療でのニーズや活用事例
 4.2 課題②:労働環境への配慮、熟練労働者の技能継承
 4.3 課題③:人口動態、世帯構成
 
5.新市場への期待
 5.1 ニーズとウォンツ
 5.2 観光分野
 5.3 周辺機器分野
 5.4 スポーツ、ペット分野など

 □質疑応答・名刺交換□