ホーム > セミナー > 活性炭の特性と最適設計の要点及び開発動向

種類と特性、吸着機構、用途に合った選定、作製法、細孔構造制御…etc
活性炭の開発/利用に必要な知識を徹底解説

活性炭の特性と最適設計の要点及び開発動向

活性炭の基礎的な物性、用途にあった選定方法、作製法、細孔構造制御法、効率的な再生、コスト低減策、開発動向…etc
活性炭を開発/活用するための知見を余すところなくお教えします

セミナー概要

略称
活性炭
セミナーNo.
st180101  
開催日時
2018年01月23日(火)10:30~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
きゅりあん 4F 第2特別講習室
講師
京都大学 名誉教授 工学博士 田門 肇 氏
価格
非会員: 48,600円(税込)
会員: 46,170円(税込)
学校関係者: 48,600円(税込)
価格関連備考
48,600円 (会員受講料 46,170円 )
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン!(1名あたり定価半額の24,300円)】
 ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
 ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
 ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
  (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
 ※他の割引は併用できません。
備考
※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講座の内容

受講対象・レベル
活性炭の利用及び関連する装置(プラント)・製品・商品を扱っておられるエンジニア・技術・研究・開発・設計・生産・施設・設備管理の担当の方および活性炭ならびに吸着操作に興味を持っておられる方であれば専門知識は特に必要ありません。
習得できる知識
・活性炭吸着の基礎
・活性炭の種類と特性
・用途にあった活性炭の選定
・細孔構造制御法
・活性炭の効果的な再生技術
趣旨
 活性炭は、排ガス中の希薄な溶剤蒸気、有害成分の回収・除去、炭化水素の分離、大気浄化、諸工業における液相精製、排水処理、浄水処理など多方面で用いられてきた。まず、活性炭の役割とニーズ、吸着相互作用、吸着平衡、吸着速度と拡散の考え方、破過特性を講述し、活性炭吸着の基礎を解説する。次に、活性炭の種類と特性、用途に合った活性炭の選定を述べる。さらに、活性炭の作製法と細孔構造制御法に関して解説し、活性炭の効率的な再生とコスト低減策を述べる。また、メソ細孔性カーボンに関する研究開発事例を紹介する。講演の最後には活性炭利用におけるトラブルシューティングに関する質問を受け付ける。
プログラム
1.活性炭吸着の基礎
 1.1 活性炭の役割とニーズ
 1.2 吸着相互作用
  (1) 各種吸着相互作用
  (2) 液体吸着における相互作用
  (3) 気体吸着における相互作用
 1.3 吸着平衡
  (1) 吸着量の測定と吸着平衡
  (2) 吸着等温線の分類
  (3) 吸着平衡データ解析の考え方
  (4) 吸着熱と吸着平衡の温度変化
 1.4 吸着速度と拡散の考え方
  (1) 多孔性固体における物質移動
  (2) 境膜での拡散と粒子内拡散
  (3) 線形推進力近似
 1.5 破過特性
  (1) 破過曲線とは
  (2) 固定層における吸着速度論
  (3) 近似計算
  (4) 破過時間と破過曲線の計算
 1.6 吸着平衡と吸着速度のどちらが重要なのか

2.活性炭の特性と用途に合った特性
 2.1 活性炭の種類と特性
  (1) 粉末活性炭
  (2) 粒状活性炭
  (3) 繊維状活性炭
  (4) ハニカム状活性炭
  (5) その他の機能性活性炭
 2.2 用途に合った活性炭の選定
  (1) 吸着特性の指標と支配因子
  (2) 表面特性と細孔特性を考慮した選定

3.活性炭の作製と細孔構造制御
 3.1 活性炭の作製法
  (1) 前駆体の炭化と賦活
  (2) 細孔構造制御の問題点
 3.2 細孔構造制御法
  (1) ゾル-ゲル法を利用したメソ細孔制御
  (2) 賦活前処理によるメソ細孔の形成

4.活性炭の効率的な再生とコスト低減策
 4.1 活性炭の再生法の特徴と比較
  (1) 減圧再生(PSA操作)
  (2) 加熱再生(TSA操作)
  (3) 水蒸気脱着
  (4) 薬液再生(溶媒再生、酸・アルカリ再生)
  (5) 生物再生
 4.2 再生による活性炭の変化と吸着効率低下の防止策
  (1) 再生による活性炭の表面化学構造の変化
  (2) 繰り返し再生の影響
  (3) 吸着効率低下の防止策
 4.3 効率の良い再生によるコスト低減策

5.研究開発事例
 5.1 ゾル‐ゲル法によるカーボンゲルの作製と応用
  (1) ゾル‐ゲル法によるカーボンゲルの合成
  (2) カーボンゲルのナノ細孔構造制御
  (3) カーボンクライオゲルのバルク形状制御
  (4) カーボンクライオゲルの応用(電気二重層キャパシタ電極, リチウムイオン電池用負極材料)
 5.2 廃棄物からのメソ細孔性活性炭の作製と応用
  (1) 活性炭の新規製造法
  (2) 各種固体廃棄物からの活性炭製造
  (3) 作製活性炭の液相吸着特性

□ 質疑応答(トラブルシューティングなど) □

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ