ホーム > セミナー > 豊かな触感覚提示をもたらす技術・インタフェースと知財動向

「狙いどおりの触覚・触感をつくる技術」 発刊記念セミナー 第3弾!

豊かな触感覚提示をもたらす技術・インタフェースと知財動向

人の多様な感覚を活用するインタフェースの構築にむけて。
体験の印象や情動に影響する、人の多様な感覚を"狙いどおり"に刺激するには?
そして、ビジネスとして利益を得るには見逃せない企業動向をここで速習!

・簡略化されたシステムでも、豊かに五感情報を提示するクロスモーダル知覚
・触感のリアリティ向上に。振動覚にない感覚をもたらす痛覚・温冷覚
・知財に明るくない方にもわかる、当分野で強いライセンスを持つ米国企業の取り組みとその狙い

セミナー概要

略称
触感覚提示
セミナーNo.
st180222  
開催日時
2018年02月22日(木)10:30~16:00
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
芝エクセレントビル B1F KCDホール 
講師
第1部:東京大学 大学院情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻 講師 鳴海 拓志 氏

第2部:立命館大学 情報理工学部 メディア情報学科 特任助教 橋口 哲志 氏

第3部:知財コンサルタント&アナリスト 菅田 正夫 氏 [元 キヤノン(株)]
価格
非会員: 54,000円(税込)
会員: 51,300円(税込)
学校関係者: 54,000円(税込)
価格関連備考
54,000円 (会員受講料 51,300円)
定価:本体50,000円+税4,000円
会員:本体47,500円+税3,800円
【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の27,000円)】
  ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
備考
※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講座の内容

プログラム

第1部  [10:30~12:00]
「多感覚情報を圧縮するクロスモーダル知覚とその活用(仮)」  


​ 狙い通りの触覚・触感をつくるためのアプローチとして,昨今注目を集めているのがクロスモーダル知覚を活
用するインタフェースである.クロスモーダル知覚とは,「ある感覚における知覚が同時に受け取る異なる感覚
刺激の影響を受けて変化して知覚される現象」である.このクロスモーダル知覚はさまざまな感覚の間で起こり,
これらを活用すると触力覚提示,嗅覚提示,味覚提示など,多様な五感情報提示を簡略化されたシステムで実現
できることが示されてきた.特に,視覚・触覚間には強く効果の発生する錯覚・融合現象が観察されることが古
くから知られている.

 本講演では多感覚情報を圧縮できるというクロスモーダル知覚の特性を活用して触覚・触感を提示するインタ
フェースについて,いくつかの研究事例を中心に紹介するとともに,そうして提示される触覚・触感の変化がユ
ーザの行動やユーザが抱く印象にまで影響を与えられることを述べ,クロスモーダルな触覚提示手法の応用の展
望を紹介する.

1.クロスモーダル知覚と触覚・触感

2.クロスモーダル知覚を利用した触力覚の提示

3.Pseudo-haptics を活用した空間知覚の操作

4.Pseudo-haptics で情動に訴えかける

5.触覚・触感の提示から触体験全体のデザインへ


第2部 [13:00~14:10]
「複合現実空間における痛覚・温冷覚提示技術」


 
 複合現実空間(Mixed Realty; MR)では現実空間に仮想物体を実時間に継ぎ目なく融合する.
よって,このMR技術では本物の触感を得つつ,そこに視覚的にのみ電子的なデータを重ね合わせることができる
(以降,「MR型視覚刺激」と呼ぶ).このとき,単純に触覚のイメージに準ずる仮想物体を重畳描画することで,
触感のリアリティが向上する.一方,意図的に触覚刺激と異なる位置に仮想物体を同時に提示することで,触覚の
知覚位置が視覚刺激の方へ転移する.このように,刺激素子による提示部に任意の仮想物体を重畳描画することで,
刺激の強調及び提示位置の補完を図ることができる.

 この視触覚相互作用は,触覚刺激の中でも明瞭な刺激である痛覚や,曖昧な感覚である温冷覚において,特に活用
することできる.なぜなら,痛覚は広範囲に提示するには提示素子の個数が増え過ぎないように提示箇所を補完する
必要があり,一方,温冷覚は正確な位置に知覚されるため刺激箇所を強調する必要があるからである.

 そこで,本稿演ではMR型視覚刺激が痛覚・温冷覚の知覚位置に与える影響について報告する.

1.はじめに
 ・複合現実空間について
 ・複合現実空間と触力覚(これまでの研究事例)
 
2.MR型視覚刺激が痛覚の知覚位置に与える影響
 ・痛覚について
 ・実験システムについて
 ・実験方法
 ・実験結果
 
3.MR型視覚刺激が温冷覚の知覚位置に与える影響
 ・温冷覚について
 ・実験システム
 ・実験方法
 ・実験結果
 
4.まとめ
 


第3部 [14:30~16:00]
「触覚・触感インタフェースにおける特許・ライセンス動向」


 「局在した感覚器のない感覚」のすべてが触覚であり、視覚・聴覚に次ぐ、第3の情報伝達手段として注目されている。
ただし、事業や製品への適用を考え、それらで何らかの利益を得ようとすると、知財面での障壁に気付く。具体的には、
米国・Immersion Corporation(以下、Immersion社)の取り組みである。振動で触覚を発現しようとすると、だいたい
Immersion社の特許に引っかかる とまで、大学の研究者に言わせしめる状況にある。

 そこで、本講演では振動で触覚・触感インタフェースを実現する、Immersion社の特許出願・ライセンス動向に注目し、
彼らの取り組みやその狙いを考察する。書籍執筆*) 後に公開された、各種資料やPress Release、さらには出願特許も
​ふまえ、触覚・触感インタフェースの普及状況と今後の動向を紹介する。
Immersion社 の特許出願戦略やライセンス戦略の分析結果を紹介するだけでなく、触覚・触感インタフェースの今後の
展開領域と考えられる、VR(Virtual Reality)/AR(Augmented Reality)への取り組みも俯瞰する。
本講演が、Immersion社の知的財産に対する取り組みを学び、今後の自社知的財産戦略への活用をも考える機会と
なれば最良である。

1.はじめに
 
2.触覚技術がもたらすものは何か?
 
3.Immersion Corporation:特許保有状況
  ~1993年の設立以来2500件超(登録&出願中)
 
4.Immersion Corporation:事業展開の進め方
  ~「イノベーション⇒認知⇒収益化⇒普及」のサイクル
 
5.Immersion Corporation:ライセンス状況
  ~モバイル、ウェアラブル、ゲーム、自動車、VR/AR
 
6.Immersion Corporation:VR/ARへの取り組み
  ~VRへの布石、成長するAR市場への取り組み
 
7.Immersion Corporation:競合技術も登場
  ~超音波を利用する触覚・触感インタフェースの台頭
 
8.まとめ
  ~Immersion Corporationに学ぶ:企業成長戦略/知的財産戦略

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ