ホーム > セミナー > 3Dプリンター材料:求められる特性、その現状および開発動向

~ 今後求められる3Dプリンタ材料を考察する ~

3Dプリンター材料:求められる特性、その現状および開発動向

関連特許動向も網羅
材料開発の観点から見た3Dプリンタ技術動向を解説
3Dプリンタ技術の進展と普及はまだまだ続く!
本セミナーでは3Dプリンター向け材料の開発動向を中心に3Dプリンタ技術動向を幅広く解説する。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
3Dプリンタ
セミナーNo.
st180416  
開催日時
2018年04月24日(火)13:00~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
きゅりあん 5階 第3講習室
価格
非会員: 43,200円(税込)
会員: 41,040円(税込)
学校関係者: 43,200円(税込)
価格関連備考
43,200円 (会員受講料 41,040円 )
定価:本体40,000円+税3,200円
会員:本体38,000円+税3,040円
【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の21,600円)】
  ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
備考
※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講座の内容

受講対象・レベル
・企業・研究機関の材料開発者、特に3Dプリンターに興味を持っている材料開発者
・特許担当者、企画担当者、新規ビジネスを探索する新規事業開発担当者や経営者
習得できる知識
・3Dプリンターの知識を深める
・3Dプリンター関連特許を知る
・3Dプリンター材料を知る
・3Dプリンター材料開発の現状の理解を深める
・3Dプリンター材料ビジネスの理解を深める
趣旨
 IoTやIndustrie 4.0などの考え方が広まる中、「新しいものづくり」との関わりから3Dプリンター(Additive Manufacturing)に大きな期待が寄せられている。まさに、今までの大量生産=安価という図式から、3Dプリンターを利用した少量生産=高付加価値という点に注目した取り組みが大きく動き始めている。
 しかし、そのプリント出力物(材料)の完成度は必ずしも高いものではない。欧米を中心に材料開発への関心が高まり、大企業の参入が続いている。本講演では特に3Dプリンター材料を中心に、求められる特性とその現状を俯瞰するとともに、開発動向と今後の材料ビジネスの方向性を探る。
プログラム
1.はじめに
 1.1 3Dプリンターの基礎
 1.2 3Dプリンターとその市場とその動向
 1.3 3Dプリンターの特許はどうなっているか

2.3Dプリンターとその材料 ~各積層方式とその材料の求められる特性と現状~
 2.1 3Dプリンターの材料とその開発の歴史
 2.2 液槽光重合法(光造形法) 
 2.3 材料押出し法 (溶融樹脂積層法) 
 2.4 粉末床溶融結合法(粉末焼結; SLS, SLM) 
 2.5 結合剤噴射法
 2.6 材料噴射法
 2.7 指向エネルギー堆積法
 2.8ハイブリッド型積層造形法

3.国内外の3Dプリンターの動向
     ~Formnext2017 (Frankfurt)、3D Printing 2018 (Tokyo)などで見えたもの~

4.材料から見た3Dプリンターの今後の行方
 4.1 新しい金属造形法
 4.2 廉価版粉末床溶融造形
 4.3 スーパーエンプラの造形
 4.4 セラミック造形
 4.5 医療・歯科用途など
 4.6 その他の用途

5.まとめ

□ 質疑応答 □

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ