ホーム > セミナー > 粉体・微粒子における帯電・付着力とコントロールおよびその評価

★ 粉の帯電に困っていませんか? 静電気力だけでなく、ファンデルワールス力、液架橋力も解説!
★ 粉体・微粒子ハンドリング操作のうえで、厄介な「静電気」と「付着力」をわかりやすく解説します。
★ また具体例を示しながら勘所と、大気圧低温プラズマを利用した粒子の帯電制御のトレンドも解説!

粉体・微粒子における帯電・付着力とコントロールおよびその評価

~粉体・微粒子と静電気の上手な付き合い方。考え方・制御方法を1日で学ぶ。~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
微粒子の帯電・付着力
セミナーNo.
st180707  
開催日時
2018年07月19日(木)10:30~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
きゅりあん 5F 第2講習室
価格
非会員: 48,600円(税込)
会員: 46,170円(税込)
学生: 48,600円(税込)
価格関連備考
48,600円 (会員受講料 46,170円 )
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン!(1名あたり定価半額の24,300円)】
 ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
 ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
 ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
 ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
  (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
 ※他の割引は併用できません。
備考
※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講座の内容

習得できる知識
・粉体と微粒子の特性評価に必要な基礎知識
・粒子の付着の評価法および制御法
・粒子の帯電(静電気)の評価法および制御法
・微粒子ハンドリングの勘所
・微粒子ハンドリングの今後のトレンド
趣旨
 粉体・微粒子は、壁あるいは他の物質との接触、摩擦によって容易に帯電します。帯電した粒子は壁に付着したり、放電したり、電場中で移動したり、粉体操作に多大な影響を及ぼします。
 本セミナーでは、静電気力だけでなく、ファンデルワールス力、液架橋力など、粉体・粒子のハンドリングの難易性を予測するために必要な基礎知識、付着の考え方、付着力の測定法および制御法を分かりやすく解説します。
 また、粒子の電気的性質の基礎、帯電の支配因子、静電気の計測法、制御法を分かりやすく解説します。さらに、粒子帯電の実際と応用の具体例を示しながら、微粒子ハンドリングの勘所および今後のトレンド(大気圧低温プラズマを利用した粒子の帯電制御)を解説します。
プログラム
1.粉体・粒子の基礎知識
 1.1 粒子径

   ・定義
   ・粒度分布
 1.2 粉体・粒子の密度
   ・定義
   ・測定法

2.付着の評価と制御の基礎
 2.1 粒子の沈着、付着の実例
 2.2 付着力の基礎

   ・ファンデルワールス力、静電付着力、液架橋力、各種付着力の比較
   ・付着力測定法
 2.3 付着強度分布の測定
   ・測定・評価法
   ・測定例
 2.4 付着の制御
   ・表面改質
   ・表面粗さ

3.静電気の評価と制御
 3.1 電気的性質

   ・誘電性と電気伝導性(導電性)
   ・電気物性測定法
 3.2 帯電機構
   ・接触帯電の基礎
   ・粒子の繰り返し衝突帯電
 3.3 帯電に関する各種計測
   ・各種測定法:帯電量、電荷移動量、帯電量分布
   ・計測システム
 3.4 粒子帯電の実際
   ・繰り返し帯電の測定
   ・管内固気二相流における粒子群の帯電の測定
   ・外部電場中の帯電粒子の静電気力の測定
 3.5 粒子帯電の応用
   ・帯電量と粒子流量の同時計測システム
   ・材料を利用した粒子の帯電量制御
   ・外部電場を利用した粒子の帯電量制御と特性評価
   ・外部電場を利用した帯電粒子の運動制御
 3.6 今後のトレンド
   ・誘導帯電の応用
   ・大気圧低温プラズマジェットの応用

  □質疑応答・名刺交換□

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ