ホーム > セミナー > パワエレ分野のEMC障害事例と標準化動向

パワエレ分野のEMC障害事例と標準化動向

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
EMC障害
セミナーNo.
tr150608  
開催日時
2015年09月04日(金)13:00~16:30
主催
(株)トリケップス
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
オームビル 
価格
非会員: 46,440円(税込)
会員: 46,440円(税込)
学生: 46,440円(税込)
価格関連備考
お1人様受講の場合 46,440円(43,000円+税)
1口でお申込の場合 60,480円(56,000円+税)/1口(3名まで受講可能)

講座の内容

プログラム
1. 電気・電子機器を取り巻くと電磁ノイズの測定法
  1.1 電磁環境と電磁ノイズの分類
  1.2 電磁ノイズ測定法の基本
  1.3 省エネ・再生エネルギーの活用とEMC
2. パワエレ分野における電磁ノイズ問題の事例
  2.1 照明器具(LED)、低速PLC機器、充電器、
     電気柵等からの電磁ノイズによる事例
3. EMC国際規格の概要
  3.1 EMC規格の体系
  3.2 主要なEMC国際標準化とその任務
  3.3 CISPRの概要と主要なEMC規格
4. パワエレ分野におけるEMC規格の審議状況と今後の課題
  4.1 照明器具(LED)のEMC規格
  4.2 太陽光発電システムのEMC規格
  4.3 無線電力伝送システムのEMC規格
  4.4 インバータ機器のスイッチングノイズとスマートメータ関連のEMC規格
  4.5 スマートグリッドのEMC規格(ガイド)
  4.6 まとめ

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ