ホーム > セミナー > ~知能ロボット開発のための~ マルチモーダル情報に基づく人間の内部状態の推定・モデル化

~知能ロボット開発のための~ マルチモーダル情報に基づく人間の内部状態の推定・モデル化

セミナー概要

略称
知能ロボット
セミナーNo.
tr180911  
開催日時
2018年09月21日(金)13:00~17:00
主催
(株)トリケップス
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
オームビル 
講師
北陸先端科学技術大学院大学 情報科学系 准教授 岡田 将吾 氏 
価格
非会員: 46,440円(本体価格:43,000円)
会員: 46,440円(本体価格:43,000円)
学生: 46,440円(本体価格:43,000円)
価格関連備考
お1人様受講の場合 43,000円[税別]/1名
1口でお申込の場合 56,000円[税別]/1口(3名まで受講可能)

講座の内容

プログラム
1. マルチモーダル情報処理の導入

2. マルチモーダル情報処理のための理論 

   1. 社会言語学の知見
   2. 社会心理学の知見

3. マルチモーダル情報処理のための基礎 
   1. 音声情報処理
   2. 画像情報処理
   3. 言語情報処理
   4. 生体情報,触覚情報,臭覚情報処理
   5. ウェアラブルセンサ・ユビキタスセンサデータ処理

4. マルチモーダル情報処理のためのAI技術 
   1. 機械学習
   2. データマイニング

5. マルチモーダル情報処理モデルの構築方法 
   1. データコーパスの収集 
   2. 心理学の知見を利用した正解ラベルデータの作成方法
   3. 入力モダリティの選定
   4. マルチモーダル特徴量の抽出
   5. マルチモーダル情報の機械学習・評価

6. マルチモーダル情報処理の応用実例 
   1. マルチメディアコンテンツ解析
   2. 会話理解
   3. コミュニケーション能力の推定
   4. 行動情報に基づくストレス推定

7. マルチモーダル情報処理の知能ロボットへの応用 
   1. マルチモーダル会話ロボット
   2. ユーザの内的状態推定に基づくロボットの会話戦略

8. マルチモーダル情報処理の課題
キーワード
知能化ロボット,マルチモーダル,機械学習,研修,講習会,セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ