ホーム > セミナー > Rで学ぶマルチレベルモデル入門【WEBセミナー】

Rで学ぶマルチレベルモデル入門【WEBセミナー】

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
マルチレベルモデル【WEBセミナー】
セミナーNo.
tr201209  
開催日時
2020年12月07日(月)10:30~16:30
主催
(株)トリケップス
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 
価格
非会員: 50,600円(税込)
会員: 50,600円(税込)
学生: 50,600円(税込)
価格関連備考
お1人様受講の場合 46,000円[税別]/1名
1口でお申込の場合 57,000円[税別]/1口(3名まで受講可能)
備考
★本セミナーの受講にあたっての推奨環境は「Zoom」に依存しますので、ご自分の環境が対応しているか、お申込み前にZoomのテストミーティング(http://zoom.us/test)にアクセスできることをご確認下さい。

★インターネット経由でのライブ中継のため、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があります。講義の中断、さらには、再接続後の再開もありますが、予めご了承ください。

★受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

講座の内容

習得できる知識
・マルチレベルモデルを適用する場面と理由が分かるようになる。
・各種マルチレベルモデルについて,そのエッセンスが理解できるようになる。
・Rによって基本的なマルチレベルモデルが実行できるようになる。
 また、実行結果から解釈ができるようになる。
・やや発展的なモデルについても,その意味が理解できるようになる。
趣旨
拙著『Rで学ぶマルチレベルモデル入門編』と『Rで学ぶマルチレベルモデル実践編』の内容に沿って、マルチレベルモデルを学ぶための前提知識、基本的なモデルからやや発展的なモデルまでを説明します。拙著はやや数式の多いページもありますが、文系学部での統計学の講義経験を活かし、①数式は最小限にとどめる、②講義では概念やモデルのエッセンスを伝えることに注力する、を考えた講義を行います。また、概念やモデルの話ばかりではなく、多くの事例を
事前知識として、回帰分析や検定について理解していることを前提とします。
Rの演習は行いませんが、Rのスクリプトは示しますので、Rについての基本的な理解があるとベターです。
プログラム

    1. マルチレベルモデルを学ぶための前提知識
    1.1 マルチレベルモデルで分析すると何が分かるか。
    1.2 マルチレベルモデルに特有のデータ形式
    1.3 2段抽出データの性質
    1.4 マルチレベルモデルの重要概念
      (説明変数の中心化,集団平均の信頼性,観測値の独立性,級内相関係数)
     (質疑)

  2. ランダム切片モデル入門
    2.1 ランダム切片モデルで分析すると何が分かるか。
    2.2 2つのランダム切片モデル
    2.3 Rによるランダム切片モデルの分析
    2.4 ランダム切片モデルの分析事例(日本におけるコミュニティ問題の検討)
     (質疑)

  3. ランダム傾きモデル入門
    3.1 ランダム傾きモデルで分析すると何が分かるか。
    3.2 2つのランダム切片モデル
    3.3 分散説明率と情報量規準によるモデル比較
    3.4 Rによるランダム傾きモデルの分析
    3.5 ランダム傾きモデルの分析事例(学級規模の大小と学力の推移)
     (質疑)
  
  4. 様々なモデル
    4.1 カテゴリカル変数が目的変数の場合のモデルと分析事例(調査回答行動の分析)
    4.2 縦断データを扱ったモデリングと分析事例(従業員の愛着の変化)
     (質疑)


 

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ