ホーム > セミナー > プラスチックの粘弾性挙動の時間-温度換算則の作成法と活用法【名古屋開催】

プラスチックの硬化収縮並びに熱粘弾性挙動に起因する残留応力の発生メカニズムと防止法について、事例をふまえて説明!

プラスチックの粘弾性挙動の時間-温度換算則の作成法と活用法【名古屋開催】

~残留応力解放に伴う変形・強度の長期予測法及び繊維強化複合材への適用~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
粘弾性挙動【名古屋開催】
セミナーNo.
180406  
開催日時
2018年04月06日(金)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ウインクあいち 12F 1205
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
昼食、資料付

講座の内容

受講対象・レベル
・プラスチック製品の設計担当者
・プラスチック製品の品質保証担当者
・プラスチック関連の技術開発者
必要な予備知識
特に必要が無い、基礎から説明します。
習得できる知識
・プラスチックの基本特性である粘弾性挙動が理解できる。
・成形不良の要因となる粘弾性挙動の影響が理解できる。
・粘弾性挙動の時間-温度換算則の基礎が理解できる。
・粘弾性挙動のマスタ-曲線が作成できる。
・マスタ-曲線の各種事象への適用方法が習得できる。
趣旨
プラスチックの力と変形の比例定数である材料定数は,時間と温度依存性を有し緩和弾性係数や貯蔵弾性係数と呼ばれ,著しい粘弾性挙動を示す。プラスチックの成形過程で生ずる残留応力の発生要因やこれが時間や温度に伴って変化するつまり経時的な事象は,この粘弾性挙動に起因するところが大である。粘弾性挙動の時間,温度依存性には,時間-温度換算則が成立し,この法則を用いて残留応力解放に伴う変形や強度の長期予測,及び繊維強化プラスチックの諸特性の時間,温度依存性の長期予測等が可能となります。
ここでは,粘弾性挙動の時間-温度換算則の作成方法概を平易に説明します。そして,時間-温度換算則を用いた各種事象への活用方法について説明します。
プログラム
1. 粘弾性挙動の基礎とその解釈
  1.1 粘弾性挙動とは
  1.2 粘弾性挙動の解釈法と利用方法
  1.3 粘弾性に伴う特異現象(クリ-プ挙動,緩和挙動)
2.粘弾性挙動による残留応力の発生メカニズム
  2.1 プラスチックの応力とひずみ
  2.2 残留応力の発生メカニズムの定性的説明
  2.3 GCP(ガスカウンタ-プレッシャ-)による残留応力の低減化法
3.時間-温度換算則とその解釈
  3.1 時間-温度換算則の基礎概念
  3.2 粘弾性挙動のマスタ-曲線の作成方法
  3.3 時間-温度移動因子(ア-レニュウス型,WLF型)
4.粘弾性挙動のマスタ-曲線の活用方法
  4.1 マスタ-曲線を用いたクリ-プ変形の長期予測法
  4.2 マスタ-曲線を用いた残留応力開放に伴う変形の長期予測法
  4.3 マスタ-曲線を用いたCFRPの変形,強度の経時的変化の予測方法
  4.4 その他,事象への応用例
キーワード
樹脂,ひずみ,高分子,内部,応力,研修,講習会

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ