ホーム > セミナー > CFRP(炭素繊維コンポジット)の現状と自動車へ展開のための課題【広島開催】

CFRP(炭素繊維コンポジット)の現状と自動車へ展開のための課題【広島開催】

セミナー概要

略称
CFRP【広島開催】
セミナーNo.
開催日時
2018年09月13日(木)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
広島西区民文化センター 3F 大会議室C
講師
井塚技術士事務所 所長 技術士(化学部門) 井塚 淑夫 氏
 ※(一社)日本繊維技術士センター 理事長
 ※元 東レ(株)
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
■ 会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
■ 学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
昼食・資料付

講座の内容

趣旨
 炭素繊維使いコンポジット(CFRP)は、軽量、高強度、高弾性率などの特徴を有する先端材料として注目されています。本講演では、まず、炭素繊維およびCFRPの種類、特徴、製造プロセス、力学・設計、機械加工などの基礎と、応用展開の状況について学びます。その上で、各国の自動車排ガス規制強化に伴い、最重点項目の一つである自動車の軽量化に対して最も有効と考えられているCFRPの展開状況を、CFRP用基材から新しい成形方法、さらには熱可塑性樹脂使いCFRPやリサイクルについて説明し、今後の課題と方向について考えてみます。
 
プログラム
1.はじめに
2.炭素繊維の分類
3.炭素繊維の構造と特性
4.炭素繊維の製造プロセス
5.炭素繊維の製品形態
6.炭素繊維コンポジット(CFRP)の製造
 6-1 CFRP用樹脂
 6-2 CFRPの成形方法
 6-3 CFRPの力学と設計
 6-4 CFRPの機械加工
7.CFRPの特徴
8.CFRPの応用
 8-1 スポーツ用途
 8-2 航空機・宇宙用途
 8-3 一般産業用途
9.CFRPの自動車への展開状況と今後の課題
 9-1 量産自動車への展開の背景と課題
 9-2 CFRP用基材のコストダウン
 9-3 高速成形技術
 9-4 CFRP製造の自動化
 9-5 熱可塑性樹脂使いCFRP
 9-6 CFRPのリサイクル
10.まとめ(今後の課題)
【質疑応答・名刺交換】
 
キーワード
CFRP、CFRTP、複合材料、強化、プラスチック、高分子、ポリマー、講座、研修、セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ