ホーム > セミナー > 社内調整力を強化するための「説得術」入門講座

社内調整力を強化するための「説得術」入門講座

~すぐに役立つ他部署との調整・上司との交渉を円滑にする方法を解説~

セミナー概要

略称
説得術
セミナーNo.
開催日時
2019年11月19日(火)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室
講師
(株)ヒューマンパワー・リサーチ 代表取締役社長 森 真一 氏

【経歴】
人材教育コンサルタント。債権回収のキャリア30年の専門家
1983年プロミス株式会社(現SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)入社
債権回収専門部署での18ヵ月連続個人回収額トップの実績が評価され内最年少で支店長に就任。4店舗の支店長を歴任し、常にトップクラスの業績を残す。その後、株式会社モビットチーフマネージャー、プロミス株式会社市場開発推進部、パル債権回収株式会社(現アビリオ債権回収株式会社)などで経験を積み、独立。3万人を超える回収実績に基づく講義は、わかりやすくて面白く、何より役に立つと大好評の人気講師である。

【著書】 「管理職に贈る100のメッセージ」、「債権回収のプロが教える世界一わかりやすい!お金を取り返す技術」、「10個のルールで覚えるやさしい決算書の見方」、「お金で失敗する人・しない人」

【資格・その他役職】
日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会認定「エグゼグティブコーチ」
日本プレゼンテーション協会認定「プロ講師」
公益財団法人さいたま市産業創造財団専門家(経営アドバイザー)
一般社団法人全日本講師連盟顧問
価格
非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
■会員登録とは? ⇒ よくある質問
■学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
 また、当日学生証をご持参ください。

※2019年10月1日以降に開催されるセミナーの受講料は、お申込みいただく時期に関わらず消費税が10%になります。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
昼食・資料付

講座の内容

受講対象・レベル
ビジネスにおける「説得」のスキルを習得されたい方
必要な予備知識
特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします。
習得できる知識
1.説得のスキルが学べます。
2.プレゼンテーションや傾聴のスキルが学べます。
3.社内調整力の強化により、仕事の効率がアップします。
趣旨
 会社では上司への提案に始まり、会議やプレゼンテーション、さらには他部署との調整等の場面で、「説得」するスキルが求められます。この「説得」するスキルは、ほぼ全ての仕事の成否を左右すると言っても過言ではありません。
 社内調整力とはズバリ「根回し力」であり、大企業では他部署との利害関係の調整や上司との交渉にかける時間と手間が仕事の大部分を占めているのが実情です。
 特に、本セミナーの想定受講者である「技術者・研究者」は専門知識はあるもののコミュニケーションスキルが弱い方が多く、せっかくの良い提案が他部署の説得に失敗し、却下されるケースが多々あります。
 「説得」させるためにはいくつかのポイントがあります。話し方、聞き方、プレゼンのやり方から見た目にも、「説得」には大きく影響します。
 本セミナーでは相手を説得するためのノウハウを、座学のみならず、ワークを通して具体的・実践的に説得のスキルを習得していただきます。
プログラム
1.そもそもなぜ説得が必要なのか
 1-1 仕事のスタートは説得から
 1-2 できる人は説得上手
 1-3 交渉術より説得術
 1-4 説得術で業績を向上させたケーススタディ
 1-5 説得力の分析
  (1)過去の説得を振り返る(課題ワーク)
  (2)過去の説得を振り返る(グループシェア)
  (3)自分の強みと弱みを把握する(ディスカッション)

2.説得術の準備
 2-1 性格タイプ別の説得方法
  (1)論理型
  (2)管理型
  (3)感情型
  (4)独創型
  (5)混合型
 2-2 説得を戦略的に計画する
 2-3 説得の戦略シートを作る①(5W1H)
  (1)誰を説得するのか(Who)
  (2)何を説得するのか(What)
  (3)なぜ説得するのか(Why) 
  (4)いつ説得するのか(When)
  (5)どこで説得するのか(Where)
  (6)どのように説得するのか(How)
 2-4 説得の戦略シートを作る②(課題ワーク)
 2-5 説得の戦略シートを作る③(グループシェア)
 2-6 説得の戦略シートを作る④(発表)

3.説得術の実践
 3-1 説得術の話し方とプレゼン術
  (1)大きな声、滑舌よく語尾をはっきり、短い言葉で言い切る
  (2)PREP法を使う(結論・理由・具体例・結論)
  (3)一理三例、例え話
  (4)1分間自己紹介(スピーチ実習)
  (5)効果的なプレゼン術(アイコンタクト・ジェスチャー・その他)
  (6)3分間自己紹介(スピーチ・アイコンタクト・ジェスチャー実習)
 3-2 説得術の聴き方(傾聴)
  (1)傾聴7つのポイント
  (2)ロールプレイング
 3-3 ノンバーバルコミュニケーションと心理学
  (1)メラビアンの法則
  (2)ノンバーバルコミュニケーション(雰囲気)のポイント
  (3)ザイアンスの法則
 3-4 しゃべるより見せろ(資料の有効活用)

 【質疑応答・名刺交換】
キーワード
説得術,コミュニケーション,交渉,リーダー,マネージャー,セミナー,研修,講習

関連するセミナー

関連する通信講座

関連するタグ