ホーム > セミナー > ぬれ・接触角・表面張力入門

固体表面の濡れ性を評価するために必要な知識と方法を、実際的な問題点と解決法を絡めながら解説します!

ぬれ・接触角・表面張力入門

~基礎から測定・評価方法、応用まで~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
ぬれ・接触角
セミナーNo.
191259  
開催日時
2019年12月16日(月)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室
価格
非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ・1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。
備考
昼食・資料付

講座の内容

受講対象・レベル
・濡れの関わる表面処理等に携わる技術者・研究者
・濡れ性に興味をお持ちの方
 
習得できる知識
1.固体表面の静的・動的濡れ性の理論
2.評価方法および設計・制御方法
3.濡れ性測定を用いた表面分析
 
趣旨
 固体表面の濡れは身近な現象であり、様々な分野に密接に関係しています。目視でき直感的にイメージしやすい一方で、特に動的な濡れに関しては誤解が多く見受けられます。近年重要視されてきている動的濡れ性を含めて、固体表面の濡れ性を評価するために必要な知識と方法を、実際的な問題点と解決法を絡めながら解説します。また濡れ性の制御に関しても、最新の知見を含めて解説します。
   
プログラム
1.静的濡れ性
  1-1.接触角の定義と解釈
    1-1-1.Youngの式
    1-1-2.Wenzelの式
    1-1-3.Cassieの式
  1-2.接触角測定法
  1-3.接触角測定における注意点
  1-4.液体の表面張力測定
  1-5.固体の表面エネルギー測定
  1-6.静的濡れ性の設計・制御

2.動的濡れ性
  2-1.動的濡れ性の定義と解釈
    2-1-1.転落角
    2-1-2.接触角ヒステリシス
    2-1-3.液滴転落挙動
  2-2.動的濡れ性の測定法
    2-2-1.滑落法
    2-2-2.拡張収縮法
    2-2-3.液滴転落挙動評価
    2-2-4.3相界面の移動
  2-3.動的濡れ性測定における注意点
  2-4.動的濡れ性の設計・制御

3.いくつかの材料表面での実例
キーワード
ぬれ、接触角、表面張力、エネルギー、測定、評価、分析、親水、撥水

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ