ホーム > セミナー > 食品用容器包装に係る日本・米国の法規制の動向

☆現行法の概要を説明するとともに2020年6月までに完全実施される
 食品用器具・容器包装の新規格基準を知るための参考になります!

食品用容器包装に係る日本・米国の法規制の動向

~容器包装の安全性・法規の概要・今後の動向~

セミナー概要

略称
食品包装規制
セミナーNo.
開催日時
2020年01月27日(月)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第6展示室
講師
日本包装コンサルタント協会・理事
(一社)日本食品包装協会・顧問 増尾 英明 氏

【略歴】:通産省所管、特殊法人・中小企業事業団;環境・安全対応専門員
     農水省;日本農林規格(JAS)制定委員(容器包装担当)
【現職】:PETトレイ協議会;技術顧問(安全担当)
価格
非会員: 49,500円(税込)
会員: 46,200円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
会員登録とは? ⇒ よくある質問
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。また、当日学生証をご持参ください。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付

講座の内容

受講対象・レベル
食品用容器包装の製造、食品製造・食品加工の製造業務に5年程度以上の勤務経験を有する技術者。資格などは必要ありません。
必要な予備知識
食品用容器包装の安全性、法規制等に興味、関心、知識などを有する人。
ただし、2020年以降に我が国で完全実施される新規制に関しては、現行法をある程度習得しておられる方が理解し易い。
習得できる知識
食品用容器包装の安全性に係る世界の実情、並びに世界先進諸国の法規制の現状についてその概要を習得できる。特に、2020年6月以降に完全実施される我が国の食品用器具・容器包装の新規格基準を知るための参考になる。
趣旨
 食品用容器包装の安全性、特に化学的安全性とは具体的には何を指すか? そして、日本においてこの60年間に発生した化学的トラブルについて説明する。
また、日本の容器包装に関する法規制の現状と2020年6月より60年ぶりの大改正により施行される新規格基準について詳しく解説する。さらに、世界で最も整備され、EU、中国、日本(新法)等の法規制の原点となった米国の法規制についても詳しく解説する。
プログラム
1.食品容器包装の安全性

2.世界主要法規と日本の法規の違い

3.日本の現行法規の概要

4.日本の業界の自主基準

5.器具・容器包装に関する法規の大改正

 ①ポジティブリスト制度の導入
 ②サスナビリティーを通じた容器包装用原材料情報の共有
 ③器具、容器包装製造工場へのGMP管理の導入
 ④器具、容器包装製造工場の届け出制度
 ⑤器具、容器包装不良品の回収義務

6.米国の食品用容器包装に係る法規制
 ①食品用容器包装の安全性に関する米国の基本的考え方
 ②CFRの概要
 ③FCNの概要

【質疑応答・名刺交換】
キーワード
食品用容器包装,法規制,規制スケジュール,安全性,規制,食品衛生法,セミナー,講演

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ