ホーム > セミナー > 晶析入門<PC実習付き>

フリーソフト活用による結晶構造の考察と粒径分布シミュレーションを主体として
PCをご持参ください!

晶析入門<PC実習付き>

新型コロナ対策について

セミナー概要

略称
晶析入門
セミナーNo.
開催日時
2020年05月29日(金)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室
講師
岩手大学 理工学部 化学・生命理工学科化学コース 教授・博士(工学) 横田 政晶 氏

所属学会
:化学工学会正会員 日本化学会教育会員 岩手化学工学懇話会会長
活動状況
:日本海水学会奨励賞 化学工学論文集優秀論文賞
 Journal of Chemical Engineering of Japan Outstanding Paper Award
 その他,国内企業とのコンサルティング契約,企業での化学工学教育の経験あり
価格
非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)
学生: 55,000円(税込)
価格関連備考
会員登録していただいた場合、55,000円(税込)から49,500円(税込)に割引になります。

会員登録とは?⇒よくある質問
定員
10名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
持参物
ノートPC(Windows64bitのPCをご持参ください)

お申込者には順次ダウンロード方法をお知らせいたします。
備考
資料付き

講座の内容

習得できる知識
・結晶構造から結晶外形を予測できる
・結晶多形の制御法
・ポピュレーションバランス(PBE)の立式化
・シミュレーション

趣旨
 講演者は晶析の研究を約30年行っており,学術的には,結晶成長,核発生,結晶構造(結晶多形も含む),ポピュレーションバランス法などを中心に研究を展開しています。一方,国内外の企業との共同研究や技術相談を通じて,企業が必要としている晶析のキーテクノロジーも把握するように努めてまいりました。
 結晶に関連する業種は多種多様で,それをケーススタディー的に概説しようとすると,非常に複雑なものとなり,発散しがちです。講演者は,長年にわたる企業とのお付き合いを通じて,課題の原因となる現象を突き止めていくと,共通するキーワードに行き着くことに気づきました。それは講演者独自の考えであり,成書には書かれておりません。本講演ではそのキーテクノロジーの一旦を紹介します。

プログラム
1.はじめに
 本講義の要約

2.結晶構造(PC演習)
 2-1.単結晶構造解析結果の見方
 2-2.結晶構造から結晶形状を推測する

3.晶析プロセスシミュレーションのために必要な基礎知識
 3-1.核発生(均質核発生/不均質核発生/2次核発生)
 3-2.結晶成長(拡散過程/一様成長/2次元核成長/らせん転移成長)

4.晶析装置内結晶の粒径分布の解析 
 4-1.各種物理量の収支式の立て方
 4-2.ポピュレーションバランス式の導出法
 4-3.粒径分布適用事例
  1)連続晶析
  2)回分晶析(PC演習)
  3)半回分晶析/反応晶析と貧溶媒添加など  
  4)凝集や破砕のある場合の取り扱い
  5)スケールアップ問題

5.固液平衡
 5-1.相図の有用性
  1)操作方式の選定
  2)操作条件(複数の結晶相が出現する場合の対応)
 5-2.溶解度の推算
  1)分子あるいは結晶構造から溶解度を求めることができるか
  2)溶解度パラメーターの利用

【質疑応答・名刺交換】
キーワード
晶析,結晶,シミュレーション,スケールアップ,粒径,分布,固液,平衡,溶解度,パラメーター

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ