ホーム > セミナー > EV関連技術の現状と課題(充電インフラを中心に)

EV関連技術の現状と課題(充電インフラを中心に)

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
EV(充電インフラ)
セミナーNo.
cmc190506  
開催日時
2019年05月17日(金)13:30~16:30
主催
(株)シーエムシー・リサーチ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ちよだプラットフォームスクウェア ミーティングルーム B1F R005
価格
非会員: 48,000円(税込)
会員: 43,000円(税込)
学生: 48,000円(税込)
価格関連備考
48,000円(税込) ※ 資料代含
* メール会員登録者は 43,000円(税込)

★ 【メール会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メール会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降は会員価格の半額です。

講座の内容

受講対象・レベル
 EVの超急速充電、ならびに電池技術に関心・課題のある事業企画担当者、研究者など、電動車両の普及、それに伴うビジネス機会を調査されている方、電動車両、充電システム、電池の技術に興味のある方
習得できる知識
最新の充電規格、車両側の課題、及び動向など。電動車両が普及し始めた背景と、その周辺技術。
趣旨
 EV普及のために今後のさらなる充実が期待される電池技術と充電インフラ技術について解説しつつ、今後の課題を共有し、展望を共に考える。
プログラム
1 EVの普及の背景
  世界的な普及動向

2 EVとは(技術的特徴)
 2.1 EV技術の進化状況
 2.2 各国、各社動向
 2.3 更なる普及への課題

3 電池
 3.1 技術動向
 3.2 二次利用

4 インフラ
 4.1 充電の進化状況
 4.2 EVの電源利用
 4.3 インフラの国際動向

5 まとめ

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ