ホーム > セミナー > 自動運転技術を支える材料技術と市場展望

自動運転技術を支える材料技術と市場展望

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
自動運転技術
セミナーNo.
cmc191201  
開催日時
2019年12月02日(月)13:30~16:30
主催
(株)シーエムシー・リサーチ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ちよだプラットフォームスクウェア 5F
価格
非会員: 46,200円(税込)
会員: 40,700円(税込)
学生: 46,200円(税込)
価格関連備考
1名につき 46,200円(税込)※ 資料付

メール会員登録者は 40,700円(税込)
 ★ 【メール会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メール会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降は会員価格の半額です。※ 他の割引と併用はできません。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。

講座の内容

受講対象・レベル
材料メーカー、自動車部品メーカー、商社、研究者、コンサルティングファーム、シンクタンク、金融機関等
習得できる知識
自動運転を見据えた材料技術開発戦略立案の要諦について
趣旨
セミナーでは導入部として自動運転の基本原理や技術の整理を行う。技術的な解釈に加え、社会的意義についても議論する。イノベーション理論を用い自動運転を分析し未来予測のツールを提供したうえで、デジタル技術との関わりからどのような可能性が拡がり得るのかを説明する。また、ハードウェアとしての車両は電動化、EVシフトが加速しており、それについても触れる。こうした正しい認識のもと、材料技術開発戦略立案のポイントについてケーススタディを通じて議論する。
プログラム
1.自動運転とは
 ・自動運転技術概要・自動運転の捉え方

2.自動運転により変化するビジネスモデル
 ・イノベーション理論で見る自動運転
 ・デジタル企業との関係・ビジネスモデルの変化

3.車両の電動化

4.材料技術と自動運転
 ・求められる材料・材料技術開発戦略の考え方
 

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ