ホーム > セミナー > 3次元点群処理- PCLの基礎とプログラミング技法【WEBセミナー】

3次元点群処理- PCLの基礎とプログラミング技法【WEBセミナー】

※日程が9月2日(水)から変更になりました

セミナー概要

略称
3次元点群処理【WEBセミナー】
セミナーNo.
tr200903  
開催日時
2020年12月23日(水)10:30~16:30
主催
(株)トリケップス
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 
講師
防衛大学校 情報工学科 准教授 岩切 宗利 氏 
価格
非会員: 50,600円(税込)
会員: 50,600円(税込)
学生: 50,600円(税込)
価格関連備考
お1人様受講の場合 46,000円[税別]/1名
1口でお申込の場合 57,000円[税別]/1口(3名まで受講可能)

講座の内容

趣旨
 計算機を用いて視覚情報処理を実現するコンピュータビジョンは,これまで2次元画像処理を中心に開発され,さまざまな分野で実用化されてきました.最近登場した小型で高性能な個人用の携帯型3次元センサーは,コンピュータビジョンの空間認知能力を飛躍的に向上できるハードウェアとして有用といえます.
 本講義では,このような背景からそのソフトウェア開発環境の一つとして注目を集めているポイントクラウドライブラリ(PCL)を用いたプログラミングの基本技法について教育します.今回は,PCLを有効活用す
るうえで最も重要な3次元点群処理技術に関する理解を深めることを狙いに講義するつもりです.
 前半では,PCLが提供する各種機能とその構成,クラスライブラリの扱い方など,プログラム開発に必要な基礎知識について説明します.後半では,それを基盤として各種ライブラリそれぞれを用いた簡単な基本
プログラムと,それらを駆使した応用プログラムに関し,具体的な処理例を挙げながらその詳細について解説する予定です.
プログラム

1.PCLによる3次元点群処理
 (1)PCLの概要
 (2)C++プログラミング入門
 (3)PCLのクラス構成とその継承
 (4)プログラミング環境構築と使用法の紹介
 (5)プログラミングリファレンスと情報源
 (6)関連ライブラリ

2.基本プログラミング
 (1)基礎知識
 (2)入出力
 (3)情報可視化
 (4)近傍探索
 (5)フィルタ処理
 (6)法線
 (7)変換
 (8)キーポイント抽出と特徴記述

3.応用プログラミング
 (1)レジストレーション
 (2)セグメンテーション
 (3)オブジェクト認識

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ