ホーム > セミナー > 技術者・研究者のための英語の基本と実践

技術者・研究者のための英語の基本と実践

~英語プレゼンのノウハウ・ポイントを学ぶ~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
技術英語
セミナーNo.
150532  
開催日時
2015年05月27日(水)10:00~17:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考
昼食、資料付

講座の内容

趣旨
 技術者、研究者にとって、自らの技術、研究を対外的に発表し、かつ海外の技術者、研究者と交流し、議論するために英語は必須のツールである。特に業務においては、公式記録として文書が残されることからも「英語を書く」技能が技術者にとっては最も大事なものと言える。 また自ら対外的に発信する場としてのプレゼンテーションにおいても英語は重要なツールとなっている。
 本講座では、日本語と英語の発想の違いに注目することで英語の表現のノウハウを学ぶ。英語らしい表現とは?を体得するのが第一の目標である。多くの演習問題を通して英語表現を学ぶ。また、英語でのプレゼンテーションのスキルについて講師によるプレゼンテーションの実演も交えて学ぶ。
 
プログラム
1.技術者・研究者にとって何故英語が必要か?
  1-1 技術、研究の国際化
  1-2 海外の技術者・研究者との交流。技術の世界への発信。

2.英語が何故難しいと感じるのか?
  2-1 一般的に理科系の人間は英語が苦手?
  2-2 言葉としての英語の面白さを知る

3.英語の文法
  3-1 冠詞の重要性、難しさ(演習付き)
  3-2 単数・複数 (日本語にはない発想)
  3-3 前置詞の面白さ、難しさ (演習付き)

4.和文英訳の演習
  4-1 和文が言わんとすることを正しく理解することが第一
  4-2 適切な英語の単語、表現の選択
  4-3 英英辞典の積極的利用
  4-4 英和辞典を使う際の留意点

5.英文和訳の演習
  5-1 意味のわかる、理解できる日本語に。
  5-2 日本語そのものを大切にする。日本語で理解できない文章を英語に訳すことは不可能。

6.英語でのプレゼンテーションの基本ノウハウ
  6-1 自分の技術・研究を世界にアピールする。
  6-2 わかりやすいプレゼンテーション資料とは?
   6-2-1 短くコンパクトな表現。項目の効率よい列挙方法。
   6-2-2 パワーポイントのうまい使い方。
  6-3 “聴いてもらえる”プレゼンを行うためには?
  6-4 講師によるプレゼンの実演

7.工業英語の資格を取ろう。
  7-1 工業英検

8.質疑応答・自由相談
 
キーワード
英語、英会話、プレゼンテーション、研修、講座、講義、情報、研究、開発、セミナー

関連するセミナー

関連する通信講座

関連するタグ