ホーム > セミナー > プラスチックの難燃化技術と難燃剤関連規制の最新動向

プラスチックの燃焼メカニズムから難燃剤のコンパウンド技術、最新規制動向まで2名の専門家が解説します!

プラスチックの難燃化技術と難燃剤関連規制の最新動向

セミナー概要

略称
難燃剤
セミナーNo.
開催日時
2017年11月21日(火)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室
講師
【第1部】出光ライオンコンポジット(株) 複合材料研究所 主任部員 工学博士 林 日出夫 氏
    <ご専門>難燃PP
    <学協会>プラスチック成形加工学会、マテリアルライフ学会
    <ご略歴>千葉大学大学院工学研究科合成化学専攻 卒業

【第2部】BSEF Japan ビーセフ ジャパン(環境・難燃コンサルタント)代表兼プログラムディレクター 上林山 博文 氏
    <ご専門>高分子合成(専攻)、環境・化学物質管理関係(実務)
    <学協会>臭素科学懇話会(CoBRA)、廃棄物資源循環学会
    <ご略歴>千葉大学工学部高分子合成化学専攻
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
備考
資料付き

講座の内容

プログラム

【1部】 プラスチックの難燃化技術

《主旨》
 近年、火災により多くの人命及び資源が失われており、その対策としてプラスチック難燃材料の開発が求められている。本講義では、難燃材料が必要とされる背景、プラスチックはなぜ燃えるか?、難燃化のメカニズムは?、難燃剤の種類、特徴、各樹脂への配合処方、及び難燃剤を処方した場合の問題点などを詳細に解説する。
また、難燃性試験評価方法についても解説する。


《プログラム》

1.難燃材料が必要とされる背景
  1-1.火災の原因分析、火災の例
  1-2.火災の3要素
  1-3.火災の被害を最小限にするためには、難燃剤の効果、用途

.プラスチックはなぜ燃える?
  2-1.燃えるメカニズム
  2-2.プラスチックとは?

3.プラスチックを燃えにくくするには?
  3-1.リン系難燃剤の難燃メカニズム
  3-2.臭素系難燃剤の難燃メカニズム
  3-3.金属水酸化物系難燃剤の難燃メカニズム

4.難燃性評価試験法
  4-1.UL燃焼試験
  4-2.酸素指数試験
  4-3.コーンカロリー試験
  4-4.その他試験法

5.各樹脂への難燃剤適応例と課題
  5-1.難燃コンパウンドの生産量、難燃性、特徴及び用途
  5-2.各樹脂への難燃剤適応例と課題
  5-3.各難燃剤の例
     リン酸アミン塩、リン酸エステル、その他リン系、窒素系、
     金属水酸化物、シリコーン、有機スルホン酸塩、臭素系
  5-4.難燃コンパウンドの各課題と対策例
     耐熱性、ブリード、耐湿熱性


 

【2部】 難燃剤の国内外規制動向

《主旨》
 難燃剤には、大きく分けて臭素系難燃剤、リン系難燃剤及び無機系難燃剤がある。何れも化学物質として、日本の化審法、EUのREACH、米国のTSCA等で既に規制になっているもの、またEUのRoHS指令等で規制になっているもの、国際的な条約(ストックホルム条約)で議論・規制になっているもの等があり、その国内外の規制動向概説する。
 特に、ストックホルム条約(POPs)については、その基準についても具体的な難燃剤を上げて、その議論と今後の対応・動向についても説明する。


《プログラム》

1.火災から生命と財産を守る難燃剤について
  1-1.難燃剤のご紹介
    1-1-1.難燃剤の種類とマーケット
    1-1-2.難燃剤のマーケット統計データ(国内)容器包装の法規制
    1-1-3.臭素及び臭素系難燃剤の紹介
  1-2.火災安全について
    1-2-1.2014年消防白書(火災事故・原因)
    1-2-2.自動車事故の統計データなど
    1-2-3.アニメーションビデオの紹介(最後に放映)

2.難燃剤関連規制の最新動向
  2-1.国際的な化学物質管理・規正法について
    2-1-1.国際的な化学物質管理の合意
       1)WSSD 2020年目標
       2)国際的な化学物質管理のための戦略的アプローチ(SAICM)
       3)国際条約と各国法対応
    2-1-2.国際的な化学物質規制・基準について
  2-2.難燃剤関連規制の動向について
    2-2-1.ストックホルム条約におけるPOPRC議論・経過・結果
    2-2-2.DecaBDE、短鎖塩パラ(SCCP)のPOPs指定とその対応
    2-2-3.その他の難燃剤の規制動向とトピックス
 
スケジュール
12:30~14:25 第1部
14:25~14:35 休憩
14:35~16:30 第2部
※進行状況により多少前後いたします。
キーワード
プラスチック、高分子、難燃剤、燃焼、試験、評価、規制、動向、情報、研究、開発、セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ