ホーム > セミナー > 毛髪の構造・特性をふまえたヘアケア製品の開発と評価法 測定デモ付き

引張り強度、くし通り、なめらかさ、ハリコシ、ツヤ、まとまりやすさ...各評価のポイントとは?

毛髪の構造・特性をふまえたヘアケア製品の開発と評価法 測定デモ付き

~デモで毛髪の「すべりやすさ」「なめらかさ」の評価や数値化をわかりやすく解説!~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
ヘアケア デモ付き
セミナーNo.
180235  
開催日時
2018年02月26日(月)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第5展示室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
資料付

講座の内容

趣旨
毛髪は皮膚の付属器官であり、特殊な構造、特性を持っています。また、様々な要因によってダメージを受けやすく、その修復は困難です。本セミナーでは、これらの背景を基に、毛髪のケア、ヘアケア製品開発のポイント、製品評価法について概説します。ヘアケア製品の研究者にとって、ヘアケア製品開発のための一助になれば幸いです。
プログラム

第1部 毛髪の構造・特性をふまえたヘアケア製品の開発と評価法

 1.毛髪の構造と特性
  1)毛髪の構造
  2)毛髪の特性
  3)ヘアサイクル
  4)毛髪の損傷とその原因
 2.毛髪のケア
  1)損傷の改善
  2)毛髪ケア成分の解説
 3.ヘアケア製品の開発のポイント
  1)シャンプー
  2)リンス
  3)ヘアトリートメント
  4)洗い流さないヘアトリートメント
  5)ヘアオイル
  6)育毛剤
 4.ヘアケア製品の評価法
  1)引張り強度
  2)くし通り
  3)なめらかさ(平滑性)
  4)ハリコシ
  5)ツヤ
  6)まとまりやすさ(静電気防止)
  7)官能評価
  8)毛髪防御指数(HPF)
 5.評価機器(摩擦感テスター)の測定デモ
 

第2部 評価機器(KES-SE摩擦感テスター)の測定デモ

   ~毛髪の表面摩擦「すべりやすさ」「なめらかさ」を評価・数値化~

      ●ご担当:カトーテック株式会社 営業部 牧野悟 様

毛髪の表面摩擦を測定することによって摩擦係数、摩擦係数の変動を数値化
摩擦係数の数値は、人が毛髪を指先で触れた時に感じる、すべりやすさ・すべりにくさと相関がとれます。
摩擦係数の変動の数値は、人が毛髪を指先で触れた時に感じる、なめらかさと相関がとれます。
 
スケジュール
12:30~14:00 講義(90分)
14:00~14:05 休憩
14:05~15:05 講義(60分)
15:05~15:10 休憩
15:10~16:30 測定デモ + 全体・個別の質疑応答

※上記の時間配分は講義進捗状況などにより変更の可能性がございます。予めご了承ください。

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ