★熱設計や熱対策を行うための必須講座!伝熱メカニズムについて身近な熱移動現象も例に挙げ分かりやすく解説します!

伝熱の基礎と温度計測の留意点【LIVE配信】
~演習付き~

※本セミナーはZoomを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はできません。

セミナー概要
略称
伝熱【WEBセミナー】
セミナーNo.
開催日時
2021年05月20日(木) 10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
講師
岡山大学 大学院 自然科学研究科 教授 博士(工学) 堀部 明彦 氏

<ご専門>
 伝熱工学

<学協会>
 日本機械学会,日本伝熱学会,日本冷凍空調学会 他

<ご略歴>
 1990-1995北海道大学助手,1995岡山大学講師,助教授,准教授を経て2009より現職
価格
非会員:  55,000円 (本体価格:50,000円)
会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
学生:  55,000円 (本体価格:50,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ・1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
持参物
・関数電卓(スマートフォンの電卓機能でも可)
 
備考
・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーです。

・セミナー資料は事前に郵送します。会社のご住所以外で受け取りを希望される場合は、申し込みフォームのコメント欄に、受け取り先のご住所をご記入下さい。セミナー資料の無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。この点にご了承の上、お申し込みください。


【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】

1.Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードして下さい。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。

2.セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧下さい。セミナー開始直前のトラブルについては対応いたしかねますのでご了承下さい。

3.開催日の数日前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加下さい。
講座の内容
習得できる知識
・伝熱の基礎知識および簡単な熱移動の計算
・相変化を伴う伝熱現象(沸騰,凝縮など)の基礎的知識
・種々の温度測定方法の特徴および留意点
 
趣旨
 多くの産業において、加熱冷却による加工・製造、品質管理における温度制御、熱エネルギーの有効利用など、様々な面で熱移動に関する知識が必要になっています。
 一般の現場では、熱が移動する「伝熱現象」として、熱伝導、対流熱伝達、放射という基本的に3つの伝熱形態が複雑に起こり、場合によっては沸騰や凝縮などの相変化も生じます。熱設計や熱対策を行う場合には、まず対象における基本的な伝熱メカニズムを検討し、論理的な分析ができることが重要です。その際、現象を大枠で理解し、伝熱現象をなるべく簡素化して、ただし影響が大きな事項を取りこぼさずモデル化し、おおよその熱移動量等を推定することが工学的には有用です。数値熱流体解析ソフトを用いる場合においても、基礎的な理解ができていなければ、与える条件や結果の適否を正しく判断することは困難となります。
 本セミナーでは、熱の移動現象や熱システムを理解することを目的とし、熱力学の基礎事項を確認した後、熱伝導、対流熱伝達、放射伝熱の三形態の熱移動機構や簡単な熱移動量の計算方法について学びます。また、沸騰,凝縮や凝固など相変化を伴う熱の移動についても現象を理解します。なお,理解しやすいように、所々で身近な熱移動現象も例にあげながら話が進められ,熱有効利用技術に関しても知識を得ます。
 さらに、実際の温度制御や熱対策等で重要となる温度計測について、各種計測法の特徴や作動原理、使用する上での留意点を説明して,正確な温度測定のための知識を身に着けます。
 
プログラム

1.伝熱の基礎
  1)熱と自然や産業
  2)身の回りのエネルギーの大きさ
  3)熱力学と伝熱学
  4)熱とは?
  5)温度について
  6)比熱と熱容量
  7)身近な熱移動の例
  8)伝熱の三形態
  9)熱伝導の考えかた
  10)複数の熱抵抗がある場合の熱通過率
  11)熱伝導の例題・演習
  12)対流熱伝達について
  13)境界層、層流・乱流
  14)対流熱伝達で用いる無次元数の説明
  15)平板上の流れによる熱伝達
  16)管内流における熱伝達
  17)自然対流熱伝達
  18)対流熱伝達の例題・演習
  19)放射伝熱について
  20)放射エネルギーの入射、黒体
  21)電磁波と波長
  22)放射の法則
  23)物体間の放射
  24)形態係数について
  25)放射伝熱の例題、演習
  26)断熱についての考え方

2.相変化を伴う熱移動
  1)相変化について
  2)凝縮現象
  3)湿度について
  4)空気線図
  5)凝縮現象の分類
  6)凝縮における熱移動計算例
  7)沸騰現象について
  8)沸騰現象の分類
  9)沸騰曲線
  10)沸騰・凝縮を利用した熱移動:ヒートパイプ
  11)融解・凝固を伴う伝熱例
  12)相変化を利用した蓄熱技術:蓄熱材料の種類
  13)相変化を利用した蓄熱技術:潜熱物質含有流体

3.伝熱の計算方法
  1)伝熱移動量を算定するための考え方
  2)伝熱演習および解説

4.温度測定方法、および温度計測において留意すべき点
  1)様々な温度の測定法
  2)棒状温度計の特徴および留意点
  3)抵抗温度計の特徴および留意点
  4)放射温度計の特徴および留意点
  5)熱電対
  6)熱電対の仕組み
  7)熱電対の種類
  8)熱電対の法則
  9)熱電対による温度測定法
  10)熱電対による温度測定の誤差要因
  11)熱電対による温度測定の様々な留意点

5.熱エネルギーの有効利用例(時間に余裕がある場合)

キーワード
伝熱、熱設計、計算、熱移動、沸騰、測定、温度
関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連する通信講座
関連するタグ
フリーワード検索