MOFの合成方法と形態制御技術を詳細解説!

金属有機構造体(MOF)の開発動向と用途展開【LIVE配信】
※オンライン会議アプリzoomを使ったWEBセミナーです。ご自宅や職場のノートPCで受講できます。

セミナー概要
略称
MOF【WEBセミナー】
セミナーNo.
210947
開催日時
2021年09月27日(月) 13:00~17:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
講師
関西大学 環境都市工学部 エネルギー・環境工学科 教授 博士(工学) 田中 俊輔 氏
【専門】
化学工学、分離工学、ナノ空間材料
【略歴】
2005年 大阪大学大学院 基礎工学研究科 博士(工学)取得
2011年 化学工学会・研究奨励賞
2014年 Vrije Universiteit Brussel 客員研究員
2017年 日本吸着学会・奨励賞
2018年 日本膜学会・奨励賞
2019年 関西大学 エネルギー・環境工学科 教授
価格
非会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
会員:  46,200円 (本体価格:42,000円)
学生:  49,500円 (本体価格:45,000円)
価格関連備考
■ 会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは?⇒よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付き

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントを
  ダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたに
  ついてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始
  10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加
  ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
受講対象・レベル
MOFの合成と基本物性を把握したい方、これからMOFの研究を始める方から、始めてみたがその合成に困っている方、MOFの用途展開の問題を解決したい方など
習得できる知識
・MOFの合成と基本物性の把握
・MOFの形態制御技術、評価方法の習得
・応用例(吸着分離、膜分離)の把握
・国内外の開発状況の把握
趣旨
結晶性多孔質材料の一種である金属有機構造体(MOF)は、分離、貯蔵、触媒反応において重要な材料です。本講座ではMOFの合成や特徴を述べ、吸着や膜分離としての応用について今後の見通しを含めて解説します。
プログラム

1.MOF概要
  1-1 MOFの特徴
  1-2 MOFとゼオライトとの比較
  1-3 MOFのコスト
  1-4 開発状況・世界情勢
2.MOFの合成方法と評価方法
  2-1 基本的な設計指針と合成方法の課題
  2-2 様々な各種合成方法
  2-3 MOFの合成・評価サイクル 
3.MOF吸着剤
  3-1 MOFの構造柔軟性と吸着特性
  3-2 吸着・分離性能の予測
  3-3 MOF吸着剤の応用事例と分離性能
4.MOF分離膜
  4-1 膜分離と無機系分離膜の開発状況
  4-2 MOF製膜の留意点
  4-3 様々な製膜方法
  4-4 MOF膜の応用事例と分離性能
5.まとめ(実用化に向けて)

キーワード
吸着,多孔体,触媒,セミナー,講習会
関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連する通信講座
関連するタグ
フリーワード検索