技術者による新規事業創出!成功事例を普遍化、誰でもすぐにスタートできる!

自社技術の洗い出しと新規事業創出方法【LIVE配信】
※本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。
セミナー修了後、受講者のみご覧いただける期間限定のアーカイブ配信を予定しております。

セミナー概要
略称
自社技術の洗い出し【WEBセミナー】
セミナーNo.
開催日時
2021年11月30日(火) 13:00~17:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
講師
藤井技術士事務所 所長 博士(工学) 藤井 隆満 氏
【専門】
電子材料、MEMS、薄膜形成
価格
非会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
会員:  46,200円 (本体価格:42,000円)
学生:  49,500円 (本体価格:45,000円)
価格関連備考
■ 会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
・3名以上同時申込で会員登録をしていただいた場合1名につき24,750円(税込)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付き【PDF配布】

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントを
  ダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたに
  ついてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始
  10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加
  ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
受講対象・レベル
・次に何を開発していいかわからない、事業部、営業、技術者
・自身で新規事業/研究提案をしてみたいと思っている人
・研究者/技術者として中堅~部長クラスまで
習得できる知識
【知識に関する学び】
・技術者/担当者が新規事業を創出するための考え方/ノウハウを学ぶことができる
・自社の技術のマッピングと目指すべき方向についての基礎知識が得られる
【使えるテクニックとしての学び】
・自身(自社)の技術を見直す方法について
・バックキャスティング法による新規テーマの創出方法
・本提案手法による技術からの新規提案方法
・会社も自身も活きる提案書の書き方
趣旨
 時代も、経営者もイノベーションを求めています。既存事業がジリ貧になる中で成功している企業は何が違うのか。そして、どうすれば成功するのかを事例から解説。そして、多くの技術者が抱える「次に何を開発すべきか」、「最近の市場のニーズ」、「自社技術の顧客ニーズ」「保有技術のいい出口」がわからない、という悩みをいっきに解消します。
一般論や概念だけでなく、イノベーションを生み出すための具体的なやり方までも公開いたします。
プログラム

1.イノベーションについて
  1.1 イノベーションの必要性は?
  1.2 イノベーションが求められている技術の現場と経営からの要求
  1.3 イノベーションの定義と身近な例
  1.4 新規事業創出にニーズ発想が必要か?
  1.5 R&Dのマネジメントの難しさ
2.既存事業ジリ貧の秘密
  2.1 既存事業がなぜジリ貧になるのか
  2.2 慣性の法則を知る
  2.3 経営者の悩みと取り組みを知る
  2.4 アイデアを潰す困った人々
3.成長企業の強みを探る
  3.1 自社を知るための技術の棚卸し
   ・具体的なやり方
  3.2 アンゾフのマトリックスと強みと事業戦略
   (1)実例
   (2)成功の共通項は何か?
4.新規テーマの発掘方法
  4.1 フォアキャストとバックキャストで考える
  4.2 時流にのることの重要性
  4.3 社会潮流を利用した未来の予想
  4.4 未来の予想をして成功した事業開発の実例
5.イノベーションに特許を利用し効率アップ
  5.1 新規事業開発に特許を利用する
  5.2 特許情報の凄さ
  5.3 新結合によるイノベーションの公式
  5.4 バリューチェーンから考えるイノベーションの公式
6.技術者からのプロジェクト提案方法
  6.1 強み技術に基づく提案
  6.2 超シンプル提案書の骨格
  6.3 技術からの提案で商品化までの最短化を目指そう
7.最も重要なこと

キーワード
棚卸,新規事業,創出,アイデア,発想法,WEBセミナー,オンライン
関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連する通信講座
関連するタグ
フリーワード検索