ポリウレタンの基礎知識と応用技術、高機能化【LIVE配信】
上手に使いこなすタメの基礎知識から劣化対応や高機能化技術まで!

※オンライン会議アプリZOOMを使ったWEBセミナーです。ご自宅や職場のノートPCで受講できます。

セミナー概要
略称
ポリウレタン【WEBセミナー】
セミナーNo.
開催日時
2022年08月29日(月) 13:00~17:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
講師
三条市立大学 工学部 教授 博士(工学) 和田 浩志 氏

<略歴>
民間企業(AGC株式会社)にて、主に自動車・建材向けの新規高分子商品 (特にポリウレタン樹脂) 原料の合成、生産技術、製品の成形加工方法、機能発現メカニズムの解明、などの研究開発を手掛けてきた。
2022年4月より現職。
価格
非会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
会員:  44,000円 (本体価格:40,000円)
学生:  49,500円 (本体価格:45,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、44,000円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
 ・3名以上での申込は1名につき24,750円
会員登録とは? ⇒ よくある質問
持参物
受講にはWindowsPCを推奨しております。
タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
備考
資料付

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントを
  ダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたに
  ついてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始
  10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加
  ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
習得できる知識
・ポリウレタンの基礎
・ポリウレタンの合成反応
・ポリウレタンの成形方法
・ポリウレタン製品の設計
・ポリウレタン原料の選択方法
趣旨
 ポリウレタンは、ウレタン基(-NHCOO-)を含有する高分子材料の総称で、原料/副資材の組み合わせにより多彩な物性と機能を発揮し、マットレスや自動車シート、断熱材などのフォーム分野や、耐久性が求められるローラースケートの車輪の様な注型製品、人工皮革、防水材等の非フォーム分野の様に幅広い用途に使用されている。
 本セミナーでは、ポリウレタンに使用される各種原料、成形プロセス、成形品の各種特徴を解説したのちに、ポリウレタンが発現する各種機能についての解説を行う。
プログラム

1.ポリウレタンの概要
 1-1.ポリウレタンの歴史
 1-2.ポリウレタンの市場
  
2.ポリウレタンの原料
 2-1.イソシアネート
  2-1-1.TDI
  2-1-2.MDI
  2-1-3.HDI
  2-1-4.その他のイソシアネート
 2-2.ポリオール
  2-2-1.エーテル系ポリオール
  2-2-2.エステル系ポリオール
  2-2-3.その他のポリオール
 2-3.その他の原料・添加剤
  2-3-1.硬化剤
  2-3-2.触媒
  2-3-3.界面活性剤
  2-3-4.発泡剤
  2-3-5.難燃剤
  2-3-6.その他の添加剤

3.ポリウレタンの製造方法
 3-1.プロセス
 3-2.製造ライン
 3-3.ウレタンフォームの加工
 3-4.ワンショット法
 3-5.プレポリマー法
 3-6.その他

4.ポリウレタンの応用製品
 4-1.ポリウレタンフォーム
  4-1-1.スラブフォーム
  4-1-2.自動車用シートクッションパッド
  4-1-3.断熱材
 4-2.ポリウレタンエラストマー
  4-1-1.接着剤
  4-1-2.エラストマー
  4-1-3.防水材
  4-1-4.塗料
  4-1-5.スパンデックス
  4-1-6.合成皮革

5.ポリウレタンの劣化と安定化技術
 5-1.劣化因子
  5-1-1.光劣化
  5-1-2.熱劣化
  5-1-3.加水分解
 5-2.原料による安定化
 5-3.添加剤による安定化

6.ポリウレタンの高機能化
 6-1.力学物性の向上
 6-2.環境対応
 6-3.その他
 

キーワード
PU,イソシアネート,ポリオール,添加剤,劣化,安定化,高機能化,トラブル,セミナー
関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連する通信講座
関連するタグ
フリーワード検索