ホーム > セミナー > 大気圧プラズマによる樹脂の表面処理技術

大気圧プラズマの生成方法、装置の分類、処理後の樹脂表面の物性、接着の分類、樹脂表面の改質方法、、、、
難接着樹脂の特徴の把握と表面改質による接着性向上技術
大気圧プラズマで樹脂表面に何を起こせるのか?

大気圧プラズマによる樹脂の表面処理技術

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
大気圧プラズマ
セミナーNo.
st180328  
開催日時
2018年03月30日(金)13:00~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
きゅりあん 5F 第1講習室
価格
非会員: 43,200円(税込)
会員: 41,040円(税込)
学生: 43,200円(税込)
価格関連備考
43,200円 (会員受講料 41,040円 )
定価:本体40,000円+税3,200円
会員:本体38,000円+税3,040円
【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の21,600円)】
  ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
備考
※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講座の内容

習得できる知識
大気圧プラズマの生成方法、大気圧プラズマ装置の分類、大気圧プラズマ処理後の樹脂表面の物性、接着の分類、樹脂表面の改質方法、大気圧プラズマの変遷、放電状態の分類、大気圧プラズマによる処理例、表面分析装置の役割、プラズマの強度評価方法、大気圧プラズマ以外のプラズマ生成法、自作の大気圧プラズマ装置の作製方法。
趣旨
 ポリプロピレンに代表される難接着樹脂材料の表面改質による接着性向上は、薬液・ガス・減圧プラズマ・紫外光照射など古くから試みられてきた。近年、プラズマ発生技術が向上し、大気圧下でも安定してプラズマが得られるようになってきた。大気圧プラズマの生成方法、酸素ラジカル量、表面分析結果および接着強度などについて、紹介する。
プログラム
1.はじめに
 1.1 プラズマ技術産業応用センターについて
 1.2 堀式超マイクロホロー大気圧プラズマ装置
 1.3 ラジカルモニター
 1.4 ニュートラルビームエッチング装置
 1.5 ラジカル注入型プラズマ化学気相堆積装置
 1.6 電子ビーム励起プラズマを用いた難窒化材の迅速窒化技術の開発
 1.7 管状低圧プラズマを用いた様々な長尺ポリマーチューブの内面処理
 1.8 大気圧プラズマによる鋼の窒化技術の開発
 1.9 大気圧ラジカル処理を用いたアラミド繊維へのめっき技術の開発
 1.10 大気圧プラズマによる鋼の窒化技術の開発
 1.11 液面プラズマを用いた微粒子酸化チタン水分散技術の開発
 1.12 愛知地域スーパークラスタープログラム

2.難接着樹脂の特徴
 2.1 難接着な理由
 2.2 接着の分類
 2.3 相互拡散(分子拡散)
 2.4 静電気力
 2.5 機械的結合
 2.6 水素結合
 2.7 電気陰性度
 2.8 分極
 2.9 電気陰性度の可視化
 2.10 各種結合の結合エネルギー
 2.11 水素結合の例
 2.12 添加ガスによる表面修飾
 2.13 水溶液併用による表面修飾
 2.14 究極の原子接着技術
 2.15 難接着樹脂材料を使うメリット

3.樹脂表面改質
 3.1 表面改質の分類
 3.2 減圧プラズマによる表面改質例
 3.3 真空紫外光による表面改質例
 3.4 プラズマとは?
 3.5 プラズマの分類
 3.6 大気圧プラズマの分類
 3.7 衝突電離、熱電離
 3.8 コロナ放電、グロー放電、アーク放電、その他の放電
 3.9 アーク放電を回避する方法
 3.10 パッシェンの法則
 3.11 平均自由行程
 3.12 誘電体バリア放電
 3.13 ダイレクト方式、リモート方式
 3.14 各社の大気圧プラズマ装置
 3.15 誤解されがちなコロナ放電

4.改質表面と接着剤の関係
 4.1 プラズマ照射距離と水接触角の関係
 4.2 プラズマ照射距離と接着力の関係
 4.3 プラズマ処理効果の持続性
 4.4 プラズマ処理後の水接触角上昇の仮説と保管方法

5.樹脂表面の組成評価と表面状態
 5.1 表面分析装置の分類
 5.2 X線光電子分光法
 5.3 ケミカルシフト
 5.4 誘導体化
 5.5 樹脂表面の官能基比率と接合強度の関係
 5.6 各活性種の酸化力
 5.7 活性種濃度の評価方法
 5.8 酸素ラジカル濃度測定例
 5.9 オゾン濃度測定

6.接着力の定量評価
 6.1 接着力評価の分類
 6.2 オートグラフ
 6.3 破壊形態の分類
 6.4 オートグラフによる実測例

7.超高速接着への挑戦
 7.1 大気圧プラズマ処理とシアノアクリレート系接着剤を併用した超高速接着の検討
 7.2 エチレンビニールアセタートコポリマーを用いた超高速接着の検討

8.自作大気圧プラズマ装置
 8.1 自作大気圧プラズマ装置の作製方法

  □質疑応答□

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ