ホーム > 書籍 > 〔改訂版〕医薬品包装・容器の材料要求特性と3極局方の品質基準・試験法

〔改訂版〕医薬品包装・容器の材料要求特性と3極局方の品質基準・試験法

~偽造医薬品防止・GDP・環境配慮・UD・包装規格・表示・海外情報~

【 包装材料に関わる局方・GMP/GDP・トレンド・・・最新の情報を掴む! 】
医薬品包装におけるJP・USP・EPの各局方をふまえた試験法と品質基準
医薬品企業が求める包装資材の要求特性/3極と新興国を含めた医薬品包装におけるトレンド
PIC/Sが要求する包装工程のバリデーション方法とは

商品概要

略称
医薬品包装・容器
商品 No.
bk2238
発刊日
2013年09月27日(金)
ISBN
978-4-86428-080-8
体裁
B5判並製本 358頁
価格
48,600円(税込)
発行
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
(株)R&D支援センター TEL:03-5857-4811 MAIL:info@rdsc.co.jp
著者
清水 太一 (株)マイクロ・テクニカ
(元 東洋アルミニウム(株))
久保 博司 東洋アルミニウム(株)
前原 隆 (株)タケトモ
(元 第一三共プロファーマ(株))
水野 博昭 新新薬品工業(株)
(元 大洋薬品工業(株))
南野 実 大和特殊硝子(株)
人見 英明 ヒトミライフサイエンス研究所 [元 医薬品医療機器総合機構 GMPエキスパート]
西田 誠司 ニプロ(株)
西 秀樹 日本包装専士会
(元 東罐興業(株))
園田 努 元 アステラス製薬(株)
藤井 均 大日本印刷(株)
中川 祥子 田辺三菱製薬(株)
高池 敏男 アストラゼネカ(株)
村内 一夫 村内技術士事務所
(株)東洋紡パッケージング・プラン・サービス
趣旨
医薬品は,その特殊性からGLP・GMP の厳しい基準のもとに研究・製造され,患者に使用されるまでの長期間にわたって品質を保証し,正確かつ適正に用いる事が求められる。そのため医薬品包装においては,直接容器の材質,形態,表示などが薬事法や薬局方等の公定書によって多くの規制を受けている。
 医薬品の容器は大別すると,不透過性容器(Impermeable containers)および半透過性容器(Semi- permeable containers)に分類される。
 一般的に包装には内容物保護性・取扱い利便性・販売促進性の機能が要求されているが,医薬品の場合には特に内容物保護性と安全性・使用性が重要である。 このように医薬品包装の役割はきわめて大きいので,日米欧とも医薬品承認審査において包装材料に関する添付資料の提出が要求されるなど,容器・栓系に関して各種の規制が行われている。(2部1章/人見英明 より抜粋)
書籍・DVDの内容
第1部 包装形態別の1次包装材料と容器施栓系の選択・要求特性
 第1章 包装材料(包装材料の重要な特性を評価)と要求特性

      一次包装/容器施栓系の選択
  1. PTP 容器材編
   1.1 基材
    1.1.1 PVC 基材品
     1.1.1.1 主要構成
     1.1.1.2 性能・実績
     1.1.1.3 課題
    1.1.2 PP(CPP= 無延伸 PP)基材品
     1.1.2.1 主要構成
     1.1.2.2 性能・実績
     1.1.2.3 課題
    1.1.3 COC 基材品
     1.1.3.1 基本構成
     1.1.3.2 性能・実績
     1.1.3.3 課題
    1.1.4 アルミニウム箔基材品(両面アルミ PTP 容器材)
     1.1.4.1 基本構成
     1.1.4.2 性能・実績
     1.1.4.3 課題
    1.1.5 フッ素系樹脂(PCTFE)基材品
     1.1.5.1 基本構成
     1.1.5.2 性能・実績
     1.1.5.3 課題
   1.2 今後の動向
  2. PTP 蓋材編
   はじめに
   2.1 基本構成
    2.1.1 アルミニウム箔
    2.1.2 OP コート
    2.1.3 ヒートシールコート
    2.1.4 表示印刷
   2.2 ヒートシール性能
   2.3 最新技術
    2.3.1 チャイルドレジスタント PTP
    2.3.2 ピールオフ PTP
    2.3.3 両面見当合わせPTP
   2.4 現在の課題
   2.5 PTP の今後の動向

 第2章 プレフィルドシリンジ製剤
  はじめに
  1. プレフィルドシリンジ材質の品質基準
  2. プラスチックバレルの材質
   2.1 ポリプロピレン(PP)の特性
   2.2 シクロオレフィンポリマーの特性
  3. ガスケット材質
  4. バレル(ガラス、プラスチック)設計上の留意点
   4.1 ガラスバレル
   4.2 プラスチックバレル
  5. ガスケット、トップキャップ設計上の留意点
   5.1 ガスケット材質の選定
   5.2 ガスケット・トップキャップ形状
  6. 設計時の品質・機能評価
  7. プレフィルドシリンジ製剤の製造方法
  おわりに

 第3章 プレフィルドシリンジ包装(大洋薬品の事例をふまえて)
  はじめに
  1. プレフィルドシリンジ製剤を取り巻く環境
  2. プレフィルドシリンジ容器に求められる高い機能、品質
  3. プレフィルドシリンジ容器が抱えている数多くの問題点
  4. プレフィルドシリンジ容器の内製化によるメリット
   4.1 プレフィルドシリンジ容器の購入コスト削減
   4.2 インライン過酸化水素外装滅菌システムの開発
  5. 医薬品メーカーの視点で捉えた最適なプレフィルドシリンジ容器、並びに製造ラインの設計
  6. 斬新、且つユニークな機能に関して/Equipment Innovation&Operational Excellence
   6.1 シリコン塗布量のバラツキに起因する摺動性不良品の発生・流出を “ ゼロ ” へ
   6.2 プレフィルドシリンジ容器用トレーローダー&アンローダーシステムに関して
  おわりに

 第4章 アンプルの包装材料と要求特性
  はじめに
  1. アンプル
  2. アンプルの素材
  3. アンプルの成形方法
  4. アンプルの外観・形状・異物・汚れ
  5. アンプルの強度(モーメント)
  6. アンプルからの溶出
  7. アンプルの内表面処理

 第5章 バイアルの包装材料と要求特性
  1. バイアル
  2. バイアルの素材
  3. バイアルの成形方法
  4. バイアルの外観・形状・異物 ・汚れ
  5. バイアルの強度
  6. バイアルからの溶出
  7. バイアルの内表面処理
  8. バイアル・ゴム栓・アルミキャップの関係
  おわりに


第2部 3極局方をふまえた包装材料試験・品質基準とバリデーションの留意点
 第1章 3極(日米欧)の包装材料規制・規格要件・登録
  第1節 医薬品包装における規制の概要 
   1. 薬事法
    1.1 包装の種類(第37条 販売方法の制限)
    1.2 特定医薬品の容器
    1.3 プラスチック容器と製剤別適合試験
    1.4 エアゾール剤に対する規制・基準
    1.5 封
    1.6 表示
    1.7 不良医薬品の禁止 (第57条)
   2. 米国食品医薬品化粧品法(FDC法)
    2.1 不良医薬品 
    2.2 改ざん防止に関する規制
     2.2.1 通則
     2.2.2 いたずら防止包装要件
     2.2.3 表示
     2.2.4 包装及び表示用件の免除申請
     2.2.5 タンパーエビデンスの機能のある包装
   3. 医薬品承認申請
    3.1 我が国の医薬品承認申請
     3.1.1 新医薬品の承認申請に伴う容器及び施栓系に関する記載
     3.1.2 新医薬品の承認申請に伴う容器及び施栓系に関する添付資料
     3.1.3 液剤の容器
     3.1.4 エアゾール剤の容器
     3.1.5 容器の材質及び形状の変更
    3.2 米国における承認申請
     3.2.1 容器、蓋栓に関するcGMP及びUSP要求事項
     3.2.2 包装資材の承認申請
     3.2.3 一般的考察事項
     3.2.4 包装構成素材の品質管理
     3.2.5 関連する構成物
     3.2.6 二次包装構成物
     3.2.7 医薬品の新規申請をサポートするために提出すべき資料
     3.2.8 品質管理に関する情報
     3.2.9 吸入用剤の容器
     3.2.10 注射剤及び点眼剤の容器
     3.2.11 液剤、外用剤、局所薬物送達システムの容器
     3.2.12 固形剤、粉末剤の容器
    3.3 EMEAの包装材料と登録申請内容と留意点
     3.3.1 プラスチック直接包装材料に関するガイドライン
    3.4 容器に包装された製剤のICH安定性試験ガイドライン 
     3.4.1 不透過性の容器に包装された製剤
     3.4.2 半透過性の容器に包装された製剤
   4. 薬局方
    4.1 容器の種類
    4.2 プラスチック製容器
     4.2.1 プラスチック製医薬品容器設計における基本要件
     4.2.1 設計段階における容器の毒性評価
    4.3 注射剤の容器
     4.3.1 ガラス容器
     4.3.2 ゴム栓
     4.3.3 プラスチック製注射剤容器
    4.4 容器・包装材料試験 
     4.4.1 プラスチック製医薬品容器試験法
     4.4.2 注射剤用ガラス容器試験
   5. 容器・包装材料にかかわるGMP 
    5.1 GMP省令
     5.1.1 製品標準書
     5.1.2 表示材料及び包装材料の規格
     5.1.3 資材の受け入れ及び保管上の注意事項
    5.2 ICH 原薬 GMP
    5.3 PIC/S GMP
     5.3.1 建物
     5.3.2 規格書
     5.3.3 包装指図書
     5.3.4 バッチ包装記録
    5.4 米国cGMP
    5.5 EU GMP

  第2節 FDAタイプⅢ(包装材料)ドラッグマスターファイル登録申請内容と留意点
   はじめに
   1. DMFの作成及び登録 
   2. 内容の変更、修正手続き
   3. 年次更新
   4. タイプIII(包装材料)ドラッグ・マスター・ファイル
    4.1 一般的コメント
    4.2 タイプIII DMFの情報

 第2章 3極における包装・容器材料の品質基準と留意点
  第1節 日本薬局方(JP)における包装・容器資材の品質基準と留意点
   はじめに
   1. プラスチック製医薬品容器
    1.1 プラスチック製水性注射剤容器
     1.1.1 ポリエチレン(PE)製又はポリプロピレン(PP)製水性注射剤容器
     1.1.2 ポリ塩化ビニル(PVC)製水性注射剤容器
     1.1.3 その他の水性注射剤容器
   2. 注射剤用ガラス容器試験法
   3. 輸液用ゴム栓試験法
   4. 潤滑剤についての品質基準
   おわりに

  第2節 米国薬局方(USP)における包装資材の品質基準と留意点
   1. 容器—ガラス:USP〈660〉
    1.1 化学的抵抗性
   2. 容器—プラスチック:USP〈661〉
    はじめに
    2.1 ポリエチレン容器 
    2.2 ポリプロピレン容器
    2.3 ポリエチレンテレフタレート(PET)容器及びポリエチレンテレフタレートG(PETG)容器
    2.4 試験方法
   3. USP〈671〉容器—性能試験 
    3.1 カプセル及び錠剤用の複数の構成部品から成る容器
    3.2 カプセルと錠剤用の複数の構成部品から成る容器(栓が無い場合)
    3.3 カプセルと錠剤用の単一構成部品から成る単回投与容器
    3.4 液体用の複数部品から成る容器及び単回投与容器
    3.5 光透過性試験
   4.  非殺菌固体及び液体薬剤用の単一部品容器と単回投与容器への再包装:USP〈681〉:USP〈35〉まで
    4.1 ラベリング
    4.2 保管
    4.3 再処理
   5. 補助的包装部品USP〈670〉
   6. 綿花:USP〈691〉
   7. 留意点
    7.1 プラスチックの規格
    7.2 生物学的試験(in vitro)
    7.3 物理化学的溶出試験
    7.4 注射剤用容器の栓の規格

  第3節 欧州薬局方(EP)における包装資材の品質基準と留意点
   1. 容器に使用される材料(EP3.1項)
    1.1 血液及び血液成分容器用可塑化プリ塩化ビニル(PVC)(EP3.1.1.1項)
    1.2 輸血用機器向けチューブ用可塑化プリ塩化ビニル(PVC)(EP3.1.1.2項)
    1.3 ポリオレフィン(EP3.1.3項)
    1.4 非経口調剤及び目薬容器用のポリエチレン(PE)(EP3.1.4項)
    1.5 非経口調剤及び目薬容器用のポリエチレン(PE)(EP3.1.5項)
    1.6 非経口調剤及び目薬容器及び栓用のポリプロピレン(PP)(EP3.1.6項)
    1.7 非経口栄養調剤容器及びチューブ用ポリ(エチレン・酢酸ビニル)(EVA)(EP3.1.7項)
    1.8 潤滑油用シリコーンオイル(EP3.1.8項)
    1.9 栓とチューブ用のシリコーンエラストマー (EP3.1.9項)
    1.10 非注射剤水性液用の非可塑性ポリ塩化ビニル(EP3.1.10項)
    1.11 経口乾燥錠剤容器用の非可塑性ポリ塩化ビニル(EP3.1.11項)
    1.12 プラスチックの添加剤(EP3.1.13項)
    1.13 静脈注射水性液容器用の可塑性ポリ塩化ビニル系材料(EP3.1.14項)
    1.14 非経口調剤以外の容器用ポリエチレンテレフタレート(PET)(EP3.1.15項)
   2. 容器 (EP3.2項)
    2.1 医薬品用ガラス容器(EP3.2.1項) 
    2.2 医薬品用プラスチック容器と栓(EP3.2.2項) 
   3. 留意点
    3.1 全体の構成
    3.2 ガラスの試験方法
    3.3 動物試験
    3.4 医薬品規制国際調和会議(ICH)の状況

 第3章 包装工程のバリデーション
   はじめに
   1. バリデーションに関するGMP規定
    1.1 バリデーション基準
     1.1.1 バリデーションの目的
     1.1.2 実施対象
     1.1.3 バリデーション手順書
     1.1.4 バリデーション責任者の責務
     1.1.5 バリデーションの実施
   2. 包装工程の概要
   3. 包装工程バリデーションの進め方
    3.1 バリデーション実施手順
     3.1.1 実施計画書の作成
     3.1.2 バリデーションの実施
     3.1.3  バリデーションの評価及び記録の作成
    3.2 バリデーションの実施時期及び実施内容
     3.2.1 開発段階
     3.2.2 据付時・試運転時
     3.2.3 日常点検
     3.2.4 再バリデーション
   4. PTP工程バリデーション
    4.1 製造方法に係る承認申請書記載例 
    4.2 PTP工程
     4.2.1 PTP包装工程フロー及びチェック項目
     4.2.2 バリデーションの評価基準
   5. 注射剤包装工程のバリデーション
    5.1 ガラスバイアル包装工程のバリデーション
    5.2 バリデーション項目
     5.2.1 運転時適格性評価(OQ)
     5.2.2 性能適格性評価(PQ)
     5.2.3 プロセス・バリデーション(PV)
    5.3 試験方法と評価基準

第3部 包装の品質管理及び海外の最新情報
 第1章 医療事故防止のための医療用医薬品へのバーコード表示
  はじめに
  1.バーコード表示
   1.1 2次元コード
   1.2 2次元コード表示検討
   1.3 注射剤への2次元コード表示
  2. 新コード表示
   2.1 RSSコードの採用
    2.1.1省スペースタイプ
    2.1.2 種類
   2.2 通知の概要
   2.3 実施要領
  3. 具体的なRSSコード表示例
   3.1 調剤包装単位について
   3.2 販売包装単位について
   3.3 元梱包装単位について
  4. バーコードリーダー
  5. 医療機関の動向
  おわりに

 第2章 品質管理におけるラベル表示の留意点
  はじめに
  1. 医薬品包装と法規制
   1.1 医薬品包装を取り巻く法規制
  2. 錠剤・カプセル剤の表示
   2.1 製品名印刷表示について
   2.2 カプセル剤本体への製品名表示方法及び印刷技術
   2.3 錠剤への製品名表示方法及び印刷技術
  3. 直接容器の表示
   3.1 細粒・散剤等の内袋の表示
   3.2 PTPシートの表示
    3.2.1 PTPシートへの日本語表示
    3.2.2 PTPシート表示事項の重要度評価
    3.2.3 PTPシートへの薬効表示
    3.2.4 PTPシートへの使用期限表示
    3.2.5 935通知によるPTPへの表示事項
    3.2.6 リサイクル識別マークの表示
   3.2.7 その他のPTPシートへの表示
   3.3 注射剤の表示
    3.3.1 アンプルの表示
    3.3.2 バイアルの表示
    3.3.3 注射剤の高機能ラベルについて
    3.3.4 注射剤の表示・デザインについて
    3.3.5 注射用キット品改良
    3.3.6 直接容器の工夫
  4. 個装の表示
   4.1 製品名表示
   4.2 生物由来製品,特定生物由来製品,毒薬,劇薬の表示
   4.3 日本薬局方名の表示
   4.4 含量(力価)表示
   4.5 集中表示(一括表示)
   4.6 使用期限(有効期限)表示
   4.7 製造番号(Lot No.)表示
   4.8 貯法表示
   4.9 変更品の表示
   4.10 リサイクル識別マーク表示
  5. 外装(梱包)の表示
  6. ラベル作成手順
   6.1 包装仕様書作成
   6.2 校正袋作成
   6.3 原稿作成
   6.4 原稿確認
   6.5 色校正紙の作成依頼
   6.6 色校正紙の校正
   6.7 納入見本確認
   6.8 納入見本保管・管理
  7. ラベル監査
   7.1 ラベル監査の注意
   7.2 ラベル監査の具体例
    7.2.1 ラベル規格及び試験方法(資材受入規格)
  8. 今後の課題
  おわりに

 第3章 環境に配慮した医薬品包装の動向
   はじめに
   1. 容器包装に関連する環境法
    1.1 資源の有効利用
    1.2 地球環境負荷の軽減
    1.3 ダイオキシン対策
   2. 医薬用容器包装の環境対応
    2.1 医薬品包装の使用量
     2.1.1 容器包装利用・製造等の実態調査方法
     2.1.2 容器包装素材別での医薬品容器包装の使用量
    2.2 容器包装の回収量(リサイクル)
    2.3 事業者の自主行動計画
    2.4 医薬品業界での自主行動計画
    2.5 医薬品容器包装における環境対応事例
     2.5.1 リデュース対応
     2.5.2 ダイオキシン対応
   3. 今後の環境対応の容器包装
   おわりに

 第4章 海外の包装事情と医薬品のユニバーサルデザイン
   はじめに
   1. CRP(Child Resistant Packaging)
    1.1 CRPが求められる背景
    1.2 CRP関連法規
    1.3 CRPの包装機構の事例
    1.4 CRPの課題
   2. カウンターフィットドラッグ(偽造医薬品)防止
    2.1 カウンターフィットドラッグとは
    2.2 カウンターフィットドラッグの現状
    2.3 カウンターフィットドラッグ対策の包装
    2.4 カウンターフィットドラッグ防止包装の課題
   3. RFIDの医薬品包装への応用可能性
   4. 医薬品のユニバーサルデザイン(UD)
    4.1 ユニバーサルデザインとは何か
    4.2 ユニバーサルデザインを志向した医薬品開発
    4.3 ロービジョンケアの発想
    4.4 新しいPTPシートの発明−高齢者・視力低下・視覚障害患者向けユニバーサルPTPの誕生
    4.5 患者・医療従事者に対する有用性に関するアンケート調査
    4.6 グッドデザイン賞 ~国内・海外における評価~
    4.7 まとめ
    おわりに

 第5章 海外の主流な表示・包装規格の最新情報と3極の差異
   はじめに
   1. 日米欧の相違点
    1.1 患者への与薬方法
    1.2 偽薬(Counterfeit)対策
    1.3 Tamper proof(異物混入対策)
   おわりに

 第6章 中国における包装材料の市場、規制の動向とパッケージングトレンド
   はじめに
   1. 中国における包装産業の市場概況
    1.1 中国における包装材料の需要動向
    1.2 中国における包装製品の需給見通し
    1.3 中国におけるプラスチック系包装材料の市場動向
    1.4 中国のプラスチック系包装材料における今後の課題
    1.5 中国における包装材料の用途別需要動向
    1.6 中国における医薬品(ヘルスケア)包装の市場動向
   2. 中国における医薬品包装材料に関する規格・規制の概況と動向
    2.1 中国における医薬品の安全・品質管理に関する行政組織
    2.2 中国における医薬品包装の法規制に関する現状
    2.3 中国における医薬品包装の法規制に関する問題点とトレンド
   3. 中国における医薬品(ヘルスケア)
    3.1 医薬品用のガラス容器とプラスチックボトルにおける動向
    3.2 輸液(点滴)容器における最近の動向
    3.3 PTP包装における最近の動向
    3.4 中国における医薬品包装材料における今後の課題
   4. 中国におけるバイオ医薬品産業の発展と課題

 第7章 新興国における医薬品包装市場と先進国との輸出入動向
  1. 世界の医薬品包装市場
   1.1 顕著な新興国の急成長
   1.2 世界の医薬品包装製品に関する市場動向
   1.3 医薬品包装を支える世界の医薬品業界
   1.4 新興国における市場動向
   1.5 インドにおける医薬品および医薬品包装の市場動向
   1.6 ブラジルにおける医薬品および医薬品包装の市場動向
 
キーワード
医薬品包装,材料要求特性,1次包装,2次包装,偽造医薬品,書籍
送料
当社負担(国内)

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ