ホーム > セミナー > 顔料分散の基礎と利用技術

顔料分散の基礎と利用技術

~先端技術も含めて~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
顔料分散
セミナーNo.
180778  
開催日時
2018年07月27日(金)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
資料付

講座の内容

習得できる知識
・分散に適した顔料粒子調整法の基礎
・顔料分散技術の基礎
・すぐに役立つ分散応用技術知識(カラーフィルター、インクジェットインキ等)
・分散における最近のトピックス
趣旨
 顔料分散技術は、社会の各分野に応用され進化してきた。カラーフィルター分野では、ナノ粒子分散までに至っている。一方、有機EL素子の実装化、製品化がなされ、次世代方式としてマイクロLED素子、量子ドット素子が開発され、実用化されつつある。この場合、光拡散用粒子が必要である。インクジェットインキでは、環境面で水性化顔料インキが主流となりつつあり、フィルム印刷、捺染、サイネージ、カタログ印刷に応用されつつある。これらの分野では、顔料や微粒子分散技術、微粒子表面処理と分散技術の複合化等が必須である。このような最近の情勢なども含めて、顔料分散技術の基礎からすぐに役立つ応用技術知識や最近のトピックスなどを解説する。
プログラム
1.顔料基礎編
 1-1.色の発現
 1-2.顔料の種類
 1-3.各種顔料粒子形
2.顔料と微粒子化
 2-1.顔料合成
 2-2表面処理
 2-3シナジスト
 2-4顔料微粒子化
3.顔料分散技術基礎編
 3-1.分散機溝
 3-2.分散剤
 3-3.分散とビーズ
 3-4.分散機
4.顔料分散応用編
 4-1.樹脂分散
 4-2.筆記具用分散
 4-3.カラーフィルター用分散
 4-4.インクジェットインキ用分散
 4-5.品質管理
 4-6.その他応用例
5.分散技術における最近のトピックス
6.まとめ
【質疑応答・名刺交換】

 

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ