ホーム > セミナー > シランカップリング剤入門

これからシランカップリング剤を使い始める方、実際に使用しているけど問題に悩まされている方、初心者から上級者まで、満足いただけるようわかりやすく解説!

シランカップリング剤入門

~基礎、メカニズム、使い方とQ&A~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
シランカップリング剤
セミナーNo.
180812  
開催日時
2018年08月30日(木)10:40~16:40
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第1会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
昼食、資料付

講座の内容

受講対象・レベル
シランカップリング剤を実際に用いる研究・開発に携わっておられる方、これから始めようと思われている方、その他現時点で解決したい問題がある方など。
習得できる知識
シランカップリング剤を用いた合成、反応、表面修飾と、その解析方法。問題点が生じた場合の解決法、新規研究テーマ提案のための資料
趣旨
シランカップリング剤の使い方について、分かりやすくまとめます。前半部分では、ほとんどの参考書・教科書や論文で触れられることがなかった反応メカニズムや表面処理の解析について、詳細に解説いたします。後半では、これまでに受けたよくある質問をQ&A形式で解説いたします。
プログラム
1.シランカップリング剤について
  1-1 ケイ素化合物の特徴は?
  1-2 シランカップリング剤の構造は?
  1-3 シランカップリング剤の種類は?
  1-4 よく用いられる使い方、組み合わせは?
2.シランカップリング剤のメカニズム
  2-1 シランカップリング剤の反応とは?
  2-2 酸性、塩基性条件下での加水分解メカニズム
  2-3 シランカップリング剤の加水分解とpHの影響は?
  2-4 酸性、塩基性条件下での脱水縮合メカニズム
  2-5 シランカップリング剤の縮合反応とpHの影響は?
  2-6 シランカップリング剤の反応に及ぼす溶媒、水分の影響は?
3.表面被覆状態の分析・解析法の例示
4.よくある質問と回答

  ・カップリング処理に際しての留意点は?
  ・シランカップリング剤の耐熱性は?
  ・加水分解させて使うとどんな効果があるのか?
  ・加水分解性と接着への影響は? 
  ・カップリング処理液の調整・安定化する方法は?
  ・未反応カップリング剤の及ぼす影響とは?
  ・末端に残ったOH基を消すには?
  ・官能基の置換をするとどんなことが起こる?
  ・求めるスペックに合わせた反応条件の最適化とは?
  ・反応のバラツキの原因とは?またその対策は?
  ・添加量の目安とは?
  ・最適条件について
5.最近の結果より
キーワード
ケイ素,Si,反応,使用,樹脂,界面,研修,講習会

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ