ホーム > セミナー > 海洋生分解性を有するプラスチックの基礎と材料設計

★バイオマスを原料とした生産プロセスや海洋生分解性を有する樹脂の材料化における注意点が理解できます!

海洋生分解性を有するプラスチックの基礎と材料設計

セミナー概要

略称
生分解性プラスチック
セミナーNo.
開催日時
2019年10月25日(金)13:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室
講師
東京工業大学 物質理工学院・材料系 博士(農学) 准教授 柘植 丈治 氏
<ご専門> 生体高分子、応用微生物学
価格
非会員: 49,500円(税込)
会員: 46,200円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ★1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。

※2019年10月1日以降に開催されるセミナーの受講料は、お申込みいただく時期に関わらず消費税が10%になります。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付

講座の内容

受講対象・レベル
主に微生物発酵によって作られる生分解性樹脂に興味のある技術者。
必要な予備知識
特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします。
習得できる知識
生分解性プラスチックの基礎知識を習得できる。
バイオマスを原料とした生産プロセスについて理解できる。
海洋生分解性を有する樹脂の材料化における注意点が理解できる。
趣旨
 マイクロプラスチックによる海洋汚染が広く認知されるようになり、海洋生分解性を有するプラスチックに注目が集りつつあります。一方で、地球温暖化防止の観点から、プラスチックの原料にも再生可能な資源を用いることが求められています。本講では、主にバイオマス資源から微生物によって合成される天然プラスチック・ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)を中心に、生分解性プラスチックとしての研究の歴史、新しいタイプのPHAや生分解性機構などの最新の研究動向、海洋生分解性プラスチックにおける政策や市場の動向、および、今後目指すべき環境にやさしいプラスチックについて紹介します。
プログラム
1.生分解性プラスチックとバイオマスプラスチック
  1-1 プラスチックと環境問題
  1-2 生分解性プラスチックの種類
  1-3 バイオマスプラスチックの種類
  1-4 認証マーク制度
  1-5 生分解性・バイオマスプラスチックの合成法

2.海洋生分解性を有する微生物合成プラスチック
  2-1 微生物合成プラスチックの歴史
  2-2 微生物合成プラスチックの種類と構造
  2-3 微生物合成プラスチックの物性
  2-4 微生物合成プラスチックの合成方法
  2-5 微生物合成プラスチックの海洋生分解性

3.新しいタイプの微生物合成プラスチック
  3-1 ホモポリマー型
  3-2 分岐側鎖・芳香族側鎖型
  3-3 乳酸系モノマー型
  3-4 末端修飾型
  3-5 分子量制御型

4.生分解性プラスチックの分解機構
  4-1 物性と生分解性の関係
  4-2 生分解性制御法
  4-3 各種生分解性試験法

5.政策および市場動向、今後の展望
 
【質疑応答・名刺交換】
キーワード
生分解性プラスチック,微生物,合成,分解,市場動向,セミナー,講演

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ