ホーム > セミナー > バイナリー発電による排熱利用技術の基礎と最新動向

バイナリー発電による排熱利用技術の基礎と最新動向

セミナー概要

略称
バイナリー発電
セミナーNo.
開催日時
2019年11月26日(火)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区文化センター 3F 第4研修室
講師
森豊技術士事務所 代表・博士(工学) 森 豊 氏
<資格>
 技術士(機械)、エネルギー管理士
<略歴など>
・荏原製作所在職中にバイナリー発電設備の計画、設計及び運用を担当。
 また技術士事務所の開設後は、技術コンサルタントして、
 種々分野のバイナリー発電設備の計画・設計や燃料電池・水素プロジェクトを担当。
<その他の役職など>
・日本機械学会、水素エネルギー協会(HESS)、燃料電池開発情報センター(FCDIC)、高圧ガス保安協会 各会員
・早稲田大学 創造理工学部 非常勤講
価格
非会員: 49,500円(税込)
会員: 46,200円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
会員登録とは? ⇒ よくある質問
学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。また、当日学生証をご持参ください。

※2019年10月1日以降に開催されるセミナーの受講料は、お申込みいただく時期に関わらず消費税が10%になります。
定員
30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
備考
資料付

講座の内容

習得できる知識
・国内の産業排熱の状況
・排熱回収技術の全容
・バイナリー発電の基本と技術
・バイナリー発電の実施例と動向
・バイナリー発電の経済性と導入手順
趣旨
 産業界等の中低温排熱には種々の利用方法がある。その中で、排熱の熱エネルギーを利用して発電を行う方法の一つとしてバイナリー発電があるが、必ずしもどのような排熱や環境条件にも適している訳ではなく適不適がある。また、バイナリー発電は、水蒸気を使用した蒸気ランキンサイクル発電と比較して、作動流体が代替フロン系や炭化水素系など種々あり、それぞれ特徴がある。さらにタービンや熱交換器等の主要構成機器も異なるため、それぞれどのように選定すべきか判断に迷うところがある。本セミナーでは国内の各種産業分野における排熱の状況から、排熱回収技術の中におけるバイナリー発電の位置付け、そしてバイナリー発電技術の基本と技術の詳細、国内外の実施例、及び導入に必要な関連法規や導入手順についてを分かりやすく解説する。
 バイナリー発電の基礎を学びたい方々から、導入を検討し技術の詳細を知りたい方々まで、広く役立つ内容を網羅する。
プログラム
1.国内のエネルギー事情

2.国内の各種産業分野における排熱の現状

3.排熱利用技術の種類と特徴

4.バイナリー発電とは

5.バイナリー発電の原理と特徴

6.バイナリー発電の作動流体

7.バイナリー発電の各用途における実施例と動向

 7.1 国内の実施例
 7.2 海外の実施例

8.バイナリー発電の構成機器、要素技術

9.バイナリー発電の経済性

10.導入にあたっての検討事項

 10.1 関連法規
 10.2 導入手順

11.今後の展望と課題

【質疑応答・名刺交換】

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ