ホーム > セミナー > ライトフィールドディスプレイの原理、最新動向とビジネスの可能性

理論的基礎からライトフィールドディスプレイ原理,その可能性まで詳細解説!

ライトフィールドディスプレイの原理、最新動向とビジネスの可能性

セミナー概要

略称
ライトフィールドディスプレイ
セミナーNo.
200363  
開催日時
2020年03月31日(火)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第2会議室
講師
法政大学 情報科学部 教授 博士(情報理工学)  小池 崇文 氏
【専門】
3次元映像技術,コンピューターグラフィックス(CG),VR/AR
【略歴】
東京工業大学理学部物理学科,東京大学工学系研究科修士課程を経て日立製作所に入社。在職中に東京大学情報理工学系研究科電子情報学専攻博士課程終了。博士(情報理工学)。2013年3月に日立製作所を退職し,4月より法政大学 情報科学部 教授。専門は,画像処理,CG,コンピュテーショナル・ディスプレイ/カメラ,バーチャルリアリティ・拡張現実,応用光学など。現在は"実世界指向メディア","Computational Reality"というキーワードで要素技術から全体システム,応用まで研究を行っている。映像情報メディア学会,日本バーチャルリアリティ学会,情報処理学会,ACM,OSA,IEEE会員。各種,国内・国際学会の委員も多数務めている。
価格
非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
■会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ・1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。また、当日学生証をご持参ください。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
昼食、資料付

講座の内容

受講対象・レベル
ディスプレイ技術に携わる研究者,技術者.ディスプレイを用いたアプリケーションを検討している技術者・企画立案者.3D映像・ライトフィールドディスプレイに興味のある方。
習得できる知識
・ライトフィールドの概念・考え方・理論的基礎
・ライトフィールドディスプレイの原理
・ライトフィールドディスプレイの基本的な設計手法
・ライトフィールドディスプレイのアプリケーション
・ライトフィールドディスプレイの学術研究動向
・ライトフィールドディスプレイの将来的な課題
趣旨
ライトフィールドは,光を位置と方向で技術する概念で,光学設計のみならず,情報技術との親和性も高く,今後のディスプレイやカメラを支える基盤として重要な概念です。そのような基盤の上に開発されているライトフィールドディスプレイは,3Dディスプレイのみならず,光を正確に再現するディスプレイとしての基盤技術とも言えます。ライトフィールドの基礎,ライトフィールドディスプレイの原理から,最近の研究動向や適用分野について説明いたします。
プログラム
1.ライトフィールドの基礎
  1.1 ライトフィールドとは何か
  1.2 ライトフィールドの背景・歴史
  1.3 ライトフィールドの理論的基礎
2.ライトフィールドの理論
  2.1 ライトフィールドの定式化
  2.2 ライトフィールドの座標系
  2.3 ライトフィールドの解析方法
3.ライトフィールドディスプレイの原理
  3.1 標本化方式ディスプレイ
  3.2 積層方式ディスプレイ
  3.3 ライトフィールドディスプレイの実装例・設計例
  3.4 ライトフィールドデータの取得・生成
4.ライトフィールドディスプレイのアプリケーション
  4.1 3Dディスプレイ
  4.2 質感再現ディスプレイ
  4.3 焦点調整機能付きディスプレイ
  4.4 空中像表示・ヘッドアップディスプレイ (HUD)
5.ライトフィールドディスプレイの研究動向
  5.1 ヘッドマウントディスプレイ (HMD)
  5.2 メガネ型ディスプレイ
  5.3 中心咼表示・超多眼表示
6.ライトフィールドディスプレイの可能性・課題
キーワード
立体,画像処理,光学,研修,講習会

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ