ホーム > セミナー > 結晶性有機系固体電解質材料の開発、特性向上と全固体電池への応用

結晶性有機系固体電解質材料の開発、特性向上と全固体電池への応用

セミナー概要

略称
結晶性有機系固体電解質
セミナーNo.
開催日時
2020年04月16日(木)10:30~16:30
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第2会議室
講師
静岡大学 学術院理学領域 講師・博士(工学) 守谷 誠 氏
<2019年度より静岡大学若手重点研究者に選定されている>
価格
非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ・1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
昼食・資料付き

講座の内容

習得できる知識
全固体電池
固体電解質
固体イオニクス
分子結晶
柔粘性結晶(プラスチッククリスタル)
趣旨
 二次電池向け固体電解質の候補として、構成要素が「規則的配列」と「動的機能」を併せ持つ結晶性有機固体電解質への関心が高まっています。このような特徴を有する電解質材料として、我々は分子結晶やプラスチッククリスタル(柔粘性結晶)に注目した材料開発を行っています。本講ではこのような分子結晶、プラスチッククリスタルの開発事例と固体中でのイオン拡散、二次電池への展開に関する研究例を紹介します。

プログラム
1.固体イオニクスの基礎
 1-1.固体イオニクスのはじまり
 1-2.イオン結晶中の点欠陥
 1-3.結晶性固体中でのイオン拡散

2.高速イオン伝導体
 2-1.AgIとRbAg4I5および関連化合物
 2-2.安定化ジルコニアおよび関連化合物
 2-3.ナノイオニクス現象
 2-4.リチウムイオン伝導体

3.新しい有機系固体電解質材料とその応用例
 3-1.有機イオン柔粘性結晶とは
 3-2.有機イオン柔粘性結晶の合成と評価
 3-3.有機イオン柔粘性結晶の構造と特性
 3-4.分子結晶とは
 3-5.分子結晶の合成と評価
 3-6.分子結晶の構造と特性
 3-7.無機固体電解質との違い
 3-8.非晶質ポリマー電解質との違い
 3-9.有機系固体電解質材料の課題と特性向上に向けた取り組み
 3-10.全固体電池の基礎
 3-11.有機系固体電解質の全固体電池への展開
 3-12.有機系固体電解質の中温無加湿作動燃料電池への展開
 
キーワード
二次電池,固体,電解質,結晶性,有機系,イオン,伝導,高速,プラスチッククリスタル,研修

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ