ホーム > セミナー > メタマテリアル・メタサーフェスの基礎と応用【大阪開催】

メタマテリアル・メタサーフェスの基礎と応用【大阪開催】

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策について

※本セミナーはLIVE配信も実施する予定です。職場や自宅で受講したい方はこちらからお申し込みください。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
メタマテリアル・メタサーフェス【大阪開催】
セミナーNo.
201028  
開催日時
2020年10月09日(金)10:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ドーンセンター 4F 中会議室1
価格
非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ・1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
会員登録とは? ⇒ よくある質問
学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。また、当日学生証をご持参ください。
備考
資料付

講座の内容

受講対象・レベル
・メーカー技術者、研究者
・メタマテリアル、メタサーフェスに興味をもつ学生、社会人、研究者
習得できる知識
・メタマテリアル、メタサーフェスの基礎知識
・メタサーフェスの基礎原理
・メタサーフェスの設計方法
・メタサーフェスの応用
趣旨
 本セミナーはメタマテリアル、メタサーフェスの基礎から応用までを体系的に学習するコースである。本コースでは3次元メタマテリアルだけにとどまることなく、近年、進展の著しいメタサーフェスに関する原理、設計方法から最近のトピックスまでを詳しく学ぶ。
基礎では特に、高屈折率媒質を用いた誘電体メタサーフェスのミー共振やプラズモニック完全吸収体についてその物理的基礎から詳しく述べる。応用ではメタサーフェス構造色、熱輻射制御、メタレンズ、メタホログラムなどについて最新の研究成果を紹介する。最後に最新のレビュー論文をもとにこの分野の最近のトレンドと今後の展望を述べる。
プログラム
1.イントロダクション
 1-1 メタマテリアルとはなにか
 1-2 メタマテリアルからメタサーフェスへ
 1-3 これまでのデバイスと何が違い、何ができるのか?

2.メタマテリアル、メタサーフェスの基礎
 2-1 メタ原子と有効媒質
 2-2 負の屈折率媒質(NIM)
 2-3 波動インピーダンス
 2-4 ハイパボリック・メタマテリアル(HMM)
 2-5 イプシロンニアゼロ・メタマテリアル(ENZ)
 2-6 ε−μダイヤグラム
 2-7 離散的位相制御と一般化スネルの法則
 2-8 ミー共振器メタ原子
 2-9 完全吸収体メタ原子

3.メタサーフェスの基礎原理と設計方法
 3-1 ミー散乱理論とミー共振器
 3-2 磁気双極子と電気双極子
 3-3 ホイヘンスダイポールとカーカー条件
 3-4 多重極子
 3-5 黒体と完全吸収体
 3-6 プラズモニック完全吸収体
 3-7 スペクトルマップ

4.メタサーフェスの応用
 4-1 プラズモニックメタサーフェスの応用~完全吸収体、熱輻射エミッター、構造色
 4-2 誘電体メタサーフェスの応用~構造色、メタレンズ、メタホログラム
 4-3 動的メタサーフェス~相転移材料など

5.将来展望とまとめ
 5-1 最新トレンド
 5-2 今後の方向性
 5-3 まとめ

【質疑応答・名刺交換】
キーワード
メタサーフェス,メタマテリアル,光学,オプト,材料,デバイス,研修,講座,セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ