ホーム > セミナー > 撹拌操作・スケールアップの基礎とトラブル対策【LIVE配信】

大好評につき今年も開催!攪拌についての可視化画像や実験例を中心にした分かりやすく解説します!

撹拌操作・スケールアップの基礎とトラブル対策【LIVE配信】

※Zoomを使ったWEB限定セミナーとなりました(9/28)。会場での参加はございません。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
撹拌トラブル【WEBセミナー】
セミナーNo.
201100  
開催日時
2020年11月04日(水)10:30~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 
価格
非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)
学生: 55,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
持参物
関数電卓(講義中の演習で使用します)をお手元にご用意下さい。
※スマートフォンの電卓アプリでも問題ございません。横画面にして関数機能が使用できることを確認して下さい。
備考
・本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードするか、Zoomを
  ダウンロードせず、Web ブラウザから参加するかの2種類がございます。
  Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧ください。

・お申込み後、受理のご連絡メールをさせていただきます。
 一部メールが通常セミナー形式(受講券、請求書、会場の地図)になっておりますが
 LIVE配信のみのセミナーです。
・お申込み後、接続テスト用のURL(https://zoom.us/test)から
「ミーティングテストに参加」を押していただき動作確認をお願いします。
・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・セミナー開催日時の10分前に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・セミナー資料は事前にお送りいたします。
・ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。
 個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
・タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。

講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの
複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

講座の内容

習得できる知識
・撹拌槽の設計や装置改造に関する知識
・高粘度流体撹拌と低粘度流体撹拌の違い
・種々の撹拌槽形状の撹拌所要動力の推算方法
・撹拌槽の性能評価の方法
・撹拌槽スケールアップの知識
 
趣旨
 撹拌の基礎から応用までを多くの可視化画像や実験例を中心に解説し、とくに、撹拌所要動力は撹拌を理解する上で最も基本となる事柄なので、古くから用いられてきている手法だけでなく、その欠点を克服した応用範囲の広い動力の推算方法を詳細に解説します。また、異相系の撹拌や最近の技術開発動向についても解説します。
 
プログラム
1.撹拌の基礎
  1-1.撹拌翼の構成
  1-2.撹拌翼の種類
  1-3.撹拌操作に必要な主な無次元数

2.撹拌の基本的な特性
  2-1.流動特性:どのような場合に固体的回転部やドーナツ状の混合不良部が発生するのか?
  2-2.動力特性:層流での動力数、乱流での邪魔板の有無による動力数の変化
  2-3.混合特性:層流および乱流での無次元混合時間の特性
  2-4.伝熱特性:伝熱係数に対する通常の相関式と動力を用いる方法

3.異相系の撹拌
  3-1.気液系の撹拌:なぜ通気時は動力が低下するのか?
  3-2.固液系の撹拌:固体粒子分散に必要最小限の翼回転数とは?
  3-3.液液系の撹拌:液滴の細分化はどのようにして行われるのか?

4.新型撹拌翼(大型翼)の開発経緯
  4-1.フローパターンや混合状態の最適化を基にして各種の撹拌翼が開発された経緯を説明
  4-2.2枚パドル翼が混合に有利な理由。

5.撹拌所要動力
  5-1.なぜ、撹拌所要動力が重要なのか?
  5-2.永田の式および永田の式の弱点を克服する新しい相関式
  5-3.幅広い邪魔板条件での相関式
  5-4.演習:例題を用いて動力を関数電卓で計算する。
  5-5.計算された動力の妥当性を検証する方法

6.トピックス
  6-1.層流混合に画期的なヒントをもたらす流脈の理論
  6-2.流脈を用いた大型翼の性能比較
  6-3.流脈を用いた新型撹拌翼の開発
  6-4.新型ホームベース翼の開発とその性能
  6-5.ホームベース翼を用いたスケールアップ
  6-6.ホームベース翼を用いたスケールダウン(マグネチックスターラーへの応用)
 
スケジュール
10:30~12:00 講義
12:00~12:45 昼食
12:45~14:15 講義
14:15~14:30 休憩
14:30~16:00 講義

※状況により多少変更する可能性があります。
キーワード
撹拌、混合、翼、スケールアップ、異相、研修、セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ