ホーム > セミナー > プラント事故の実例に学ぶ~ 安全/リスクマネジメントの基礎とプラント事故実例 ~

プラント事故の実例に学ぶ~ 安全/リスクマネジメントの基礎とプラント事故実例 ~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
プラント事故
セミナーNo.
cmc170608  
開催日時
2017年06月21日(水)13:20~16:30
主催
(株)シーエムシー・リサーチ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ちよだプラットフォームスクウェア(本館) 503会議室
価格
非会員: 49,000円(税込)
会員: 49,000円(税込)
学校関係者: 49,000円(税込)
価格関連備考
49,000円(税込) ※資料代含

講座の内容

受講対象・レベル
1)石油化学コンビナートや化学・材料関連の企業で危機管理・安全管理の知識の必要な部署に異動された方
2)石油化学コンビナートや化学・材料関連の企業の若手社員
3)石油化学コンビナートや化学・材料関連の企業で危機管理・安全管理に携わっておられる方で、改めて基礎から学びたい方
4)危機管理・安全管理にご興味のある方
習得できる知識
1)化学物質のハザードとリスク、化学プロセスのリスクアセスメント、リスクマネジメントによる安全検討
2)プラントでの事故実例、未然防止の方法
趣旨
 消防庁が公表している資料によれば、石油コンビナート等でのプラント事故がこの10年間高いレベルで推移している。最も一般事故の少なかった平成5年(1994年)の45件に比して、平成27年(2015年)は234件で5.2倍である。高圧ガスに関しての漏えいに関しては、平成13年に事故措置マニュアルを制定し、高圧ガスの事故定義が明確化されたことにより件数があがっていることも推察できるものの、日本を代表するような企業での大事故のニュースをしばしば聞くようになっている状況も確かにある。
 今回のセミナーでは、新たにリスクマネジメントや安全管理の知識が必要になった方向けに、リスクマネジメント・安全マネジメントの基礎を学んでいただくとともに、最近の事故実例からの得られる安全マネジメントの知見、対処法を紹介する。
プログラム

<1>プラントの安全・リスクマネジメントの基礎

13:20~14:50

プラントの安全について,リスクアセスメントに基づくリスクマネジメントの考え方について解説する。システムにおいて想定されるシナリオの発生可能性と影響度の組み合わせから推定されるリスクにより安全検討を行う方法論について紹介する。

1.化学産業を取り巻く現状
2.リスク概念の導入
3.化学物質のハザードとリスク
4.化学プロセスのリスクアセスメント
5.まとめ
 

<2>プラントの事故実例に学ぶ安全管理

15:00~16:30

過去の失敗から学ぶ!化学プロセスにおける事故の発生を防止するために、事故事例を学ぶことは事故の未然防止の第一歩である。事故事例を紐解きながら、事故の概要と原因、教訓、安全対策などを解説する。

1 事故事例や物質危険情報の事前調査の必要性
2 化学プラントでの事故事例
3 事故の未然防止のために(まとめ)

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ