ホーム > セミナー > セルロースナノファイバー研究:界面構造が支配する分散/集積/複合体の科学

セルロースナノファイバー研究:界面構造が支配する分散/集積/複合体の科学

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
セルロースナノファイバー
セミナーNo.
cmc200208  
開催日時
2020年02月14日(金)10:30~16:30
主催
(株)シーエムシー・リサーチ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ちよだプラットフォームスクウェア B1F
価格
非会員: 49,500円(税込)
会員: 44,000円(税込)
学生: 49,500円(税込)
価格関連備考
1名につき 49,500円(税込)※ 資料・昼食付

メール会員登録者は 44,000円(税込)
 ★ 【メール会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メール会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降は会員価格の半額です。※ 他の割引と併用はできません。
 ★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。

講座の内容

習得できる知識
セルロースナノファイバーの調製法、構造、基本特性、表面・配列・集積制御、複合化、応用事例、現状の課題と対策
趣旨
セルロースナノファイバー(CNF)の量産体制も整い、水系の機能用途を中心に商品化にいたる事例も出てきた。演者らは、TEMPO酸化法と呼ばれるCNF生産プロセスを開発している。本セミナーでは、セルロースの高次構造とTEMPO酸化法、およびCNF分散の理論体系について解説した後、強度や固有粘度等のCNF1本の特性から、フィルムやエアロゲル等のCNF集積体の形成と物性へと進み、樹脂等との複合化および理想的な補強に要する界面構造、そして、現状解決が急務とされる課題とその対策案など、CNF研究の要点を紹介する。
プログラム
1. セルロースの高次構造と特性、化学改質
 1-1 樹木におけるセルロース合成と高次構造
 1-2 セルロースミクロフィブリルの特性
 1-3 TEMPO酸化物の高次構造

2. セルロースナノファイバー(CNF)生産への展開
 2-1 TEMPO酸化法によるCNFの調製
 2-2 分散性、表面電荷、長さの制御
 2-3 粒子分散系の原理

3. CNFの基本特性:単繊維および分散体の特性
 3-1 CNF1本の結晶性と表面構造
 3-2 CNF1本の強度解析
 3-3 CNF分散体の粘度解析、長さとの相関
 3-4 CNF分散体の自己組織化、液晶相の形成

4.分散体から集積体へ:プロセス/構造/特性相関
 4-1 フィルム(透明な紙)の形成と物性解析
 4-2 エアロゲル(透明な断熱材)の形成と物性解析

5. 複合化: 界面構造と相互作用の制御
 5-1 プラスチックとの均一複合化、理想的な補強に要する界面構造、界面の厚みと密度
 5-2 無機ナノ粒子との複合化、機能性の発現、担体としてのポテンシャル
 5-3 その他の複合化事例

6. 実用化に向けた課題と対策案
 6-1 熱分解
 6-2 成形性
 6-3 耐水性

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ