ホーム > セミナー > 酸化物半導体薄膜技術の全て

酸化物半導体薄膜技術の全て

~ 入門から最新動向まで ~

セミナー概要

略称
酸化物半導体薄膜
セミナーNo.
cmc200210  
開催日時
2020年02月20日(木)13:30~16:30
主催
(株)シーエムシー・リサーチ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ちよだプラットフォームスクウェア 5F 501会議室
講師
Ukai Display Device Institute 代表、技術コンサルタント、工学博士
鵜飼 育弘 氏

【講師経歴】
 1968年:大阪大学卒業、同年ホシデン㈱入社
 1979年から主にトップゲート型a-Si TFT-LCD のR&Dおよび事業化に従事
 1989年:Apple Macintosh potableに世界で初めて10型モノクロ反射型のa-Si TFT-LCDが採用された
 1994年:世界で初めて民間航空機(ボーイング777)コックピット用ディスプレイとしてTFT-LCDが採用された。スペースシャトルのコックピット用ディスプレイとしても採用された
 1997年:Du Pontとa-Si TFTとSeによる直接変換型X線ディテクタ(FPD:Flat Panel Detector)を 開発実用化
 1999年:東京工業大学から工学博士号授与される 同年3月退職
 1999年:ソニー㈱入社 STLCD(ソニーと豊田自動織機の合弁)技術部長としてLTPS TFT-LCDの量産立ち上げに従事。世界で初めてガラス基板上にLTPS TFTによるシステム・オン・パネルの量産
2002年~:モバイルディスプレイ事業本部担当部長及びコーポレートR&Dディスプレイデバイス開発本部 Chief Distinguished Engineer として、技術戦略・技術企画坦当。In-Cell化技術を学業界に提唱し事業化を推進
 2008年3月:ソニー㈱退職
 2008年4月~:現職
 Journal of Display Technology (A Joint IEEE/OSA Publication) Co-Editor
 九州大学、大阪市立大学 大学院非常勤講師歴任
 関西コンバーティングものづくり研究会 幹事
価格
非会員: 50,600円(税込)
会員: 45,100円(税込)
学生: 50,600円(税込)
価格関連備考
1名につき50,600円(税込)※資料代含

メール会員登録者は、45,100円(税込)
★ 【メール会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メール会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降は会員価格の半額です。
★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。

講座の内容

受講対象・レベル
デバイス(TFT,ディスプレイ、センサなど)関係技術者、部材(ターゲットなど)、装置関連(スパッタリング装置など)技術者や経営企画管理等の方々
習得できる知識
・TFT、TFT-LCD、AMOLEDおよびX線ディテクタの基礎
・IGZO-TFTの特徴と課題
・Si系TFT(a-SiやLTPS)とIGZO-TFTの違い
・酸化物半導体とその応用に関する最新技術と開発動向
趣旨
スーパーハイビジョンTV用8k TFT-LCDおよび大型OLED-TVのバックプレーン(TFTアレイ)として欠かせない存在となったIGZO-TFT。AMOLEDの電極材料や電子注入層や輸送層として酸化物半導体の開発実用化が始まっている。さらに、IGZO-TFTの特徴を活かしたX線ディテクタがa-Si TFTから変わりつつある。
 このセミナーでは、これらの最新の技術及び商品化動向を把握し理解する上での基礎から最新技術を分かり易く説明します。
 このセミナーを受講頂いて得られた知識が、明日からの業務に知恵として役立つように対応します。
プログラム
1. 酸化物半導体とは

2. 酸化物半導体TFT
 (1) Si系との違い
 (2) 非晶質IGZO-TFT
 (3) 結晶IGZO-TFT
 (4) フレキシブル対応低温プロセス(高知工科大)

3. TFT-LCDへの応用
 (1) 半導体エネルギー研究所
 (2) シャープ

4. AMOLEDへの応用
 (1) 東京工業大学
 (2) ソニー

5. X線ディテクタへの応用
 (1) X線ディテクタとは
 (2) IGZO-TFTを用いたX線ディテクタ

6. まとめ

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ