ホーム > セミナー > 積層セラミックコンデンサの基礎から車載応用まで

積層セラミックコンデンサの基礎から車載応用まで

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
積層セラミックコンデンサ
セミナーNo.
cmc200304  
開催日時
2020年03月06日(金)10:30~16:30
主催
(株)シーエムシー・リサーチ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ちよだプラットフォームスクウェア 5F
価格
非会員: 50,600円(税込)
会員: 45,100円(税込)
学生: 50,600円(税込)
価格関連備考
1名につき50,600円(税込)※昼食・資料付

メール会員登録者は、45,100円(税込)
★ 【メール会員特典】2名以上同時申込で申込者全員メール会員登録をしていただいた場合、2人目は無料です(1名価格で2名まで参加可能)。また、3名目以降は会員価格の半額です。
★ セミナーお申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。

講座の内容

受講対象・レベル
コンデンサ、積層セラミックコンデンサあるいは誘電体の設計、開発、製造に携わる技術者、研究者。
積層セラミックコンデンサの原材料、プロセス、部材等の設計、開発、製造に携わる技術者、研究者。
積層セラミックコンデンサを用いた電子回路の設計、開発、製造に携わる技術者、研究者。
習得できる知識
積層セラミックコンデンサの性質、原理、応用といった基礎から最先端の材料、プロセス技術と理論。
趣旨
 積層セラミックコンデンサ(MLCC)に関して、その電気的性質と用途だけでなく製造方法、材料技術、信頼性技術、誘電体現象論、最先端の開発状況等、幅広く網羅し、特にMLCC で最も重要な信頼性に関しては実践的な側面だけでなく科学的な側面からも構造設計と材料技術を詳しく解説する。車載用途のように厳しい信頼性が要求される用途についても解説する。更に今後の動向についても考察する。
プログラム
1. はじめに
2. 積層セラミックコンデンサの歴史
3. コンデンサの特性と用途
 (1) コンデンサの性質と種類
  a. コンデンサの性質
  b. コンデンサの種類
  c. セラミックコンデンサの規格
 (2) コンデンサの用途
  a. デカップリング用
  b. 平滑用
  c. カップリングコンデンサ
4.積層セラミックコンデンサの製造方法と小型大容量化
 (1) 製造方法
 (2) 誘電体層の薄層化
 (3) 内部電極の薄層化
 (4) 薄層化、多層化と残留応力
5. 信頼性と構造欠陥対策
 (1) 構造欠陥の分類
 (2) 製造プロセスと構造欠陥
 (3) 環境条件と構造欠陥
 (4) 高信頼性構造設計(自動車用)
6. 誘電体材料技術
 (1) 絶縁抵抗の寿命現象
 (2) 静電容量エージング現象
 (3) 低周波の誘電緩和現象(4) 高温用材料(自動車用)
7. 超薄層化と誘電体材料
 (1) チタン酸バリウムのサイズ効果と内部応力
 (2) 外部応力
 (3) 残留応力
 (4) 高誘電率化(5) ポストチタバリ
8. おわりに
 

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ