ホーム > セミナー > 高分子絶縁材料の高信頼性/長寿命化技術の最新動向

高分子絶縁材料の高信頼性/長寿命化技術の最新動向

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
高分子絶縁材料
セミナーNo.
jms190103  
開催日時
2019年01月30日(水)09:55~16:30
主催
(株)ジャパンマーケティングサーベイ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
中央区立産業会館 4F 集会室
価格
非会員: 53,784円(本体価格:49,800円)
会員: 53,784円(本体価格:49,800円)
学生: 53,784円(本体価格:49,800円)
価格関連備考
1名様 49,800円(税別)テキスト及び昼食を含む

講座の内容

趣旨
 高分子絶縁材料の絶縁の高信頼性化、長寿命化技術の最新動向について、詳細に解説して頂くことによって、関連業界の方々の今後の事業に役立てていただくことを目的とします。
プログラム

第1部 エポキシ樹脂の化学構造に基づく耐水性・耐薬品性、および耐熱衝撃性の評価


  1 エポキシ樹脂の概要
   1.1 エポキシ樹脂の化学構造
   1.2 主な硬化剤と硬化メカニズム
   1.3 副資材の種類と特徴
  2 化学構造に基づく耐水性・耐薬品性の評価
   2.1 水を含む環境液の侵入挙動
   2.2 無機フィラーを充填したエポキシ樹脂の耐水性・耐薬品性
  3 化学構造に基づく耐熱衝撃性の評価
   3.1 耐熱衝撃性評価
   3.2 無機フィラーを充填したエポキシ樹脂の耐熱衝撃性


第2部 高温/高電界下における高分子絶縁材料の特性評価と開発動向


  1 高温・高電界下における高分子絶縁材料の必要性
  2 高温・高電界下で生じる現象と空間電荷
  3 高温・高電界下の空間電荷分布測定法
  4 高温・高電界下の空間電荷分布測定例(PI, PAI, LCP, エポキシ)
  5 まとめ


第3部 高分子絶縁材料の絶縁劣化メカニズムと絶縁破壊現象


  1 電気絶縁材料の概要
  2 ナノ電気電子材料の基礎
  3 気体の放電
  4 液体の放電
  5 固体の放電
  6 絶縁破壊
  7 複合誘電体の絶縁破壊
  8 高電圧試験と部分放電計測
  9 部分放電による電磁波の解析モデル
  10 マグネットワイヤ絶縁と部分放電試験

スケジュール
10:00~11:50 第一部
11:55~12:35 昼食
12:35~14:25 第二部
14:35~16:25 第三部
※各講演時間終了後に質疑応答及び休憩時間を設けます。

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ