ホーム > セミナー > 光基礎

光基礎

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
光基礎
セミナーNo.
op200201  
開催日時
2020年02月04日(火)10:15~16:30
主催
(株)オプト・イーカレッジ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
新宿文化センター 第5会議室
価格
非会員: 30,000円(税込)
会員: 30,000円(税込)
学生: 30,000円(税込)
価格関連備考
1名につき30,000円(税込)
同じ法人から複数名受講される場合、2名様で48,000円(税込)、3名様で60,000円(税込)

講座の内容

プログラム
1. 光の基礎:
幾何光学/波動光学、光と電磁波、等速円運動と単振動、位相と振幅、光と電波、反射/屈折の法則、全反射、光ファイバ、屈折率、光の直進性、フェルマの原理、光の伝搬と波面

2. 幾何光学の基礎:
座標系、光軸と主光線、凸レンズ、レンズの公式、実像と虚像、凹レンズ、共役な関係、距離の表し方、主要点(焦点・主点・節点)、フロント/バックフォーカス、像倍率、被写界深度、画角、絞りと瞳、視野絞りと口径食、レンズの明るさ、近軸光線とガウス光学、球面レンズの焦点距離、レンズのベンディング、レンズの組合せ、身近な光学系(眼・望遠鏡・顕微鏡・プロジェクタ・カメラ)、プリズム、レンズの光線触れ角、光線行列

3. 収差の基礎:
色収差と単色収差、波長分散、平均分散とアッベ数、分散式、軸上色収差と倍率色収差、色消しレンズ(アクロマート/アポクロマート)、波面収差と光線収差、ザイデルの収差、放物面鏡、反射式望遠鏡、反射屈折式望遠鏡

4. 干渉の基礎:
波のエネルギー、光の強度、ホイヘンスの原理、干渉とは、反射による位相の変化、薄膜による干渉、透過率と反射率、反射防止膜、くさび型空気層の干渉、ニュートンリング、マイケルソン干渉計、波面計測、マッハツェンダ干渉計、半導体レーザーの発光原理

5. 回折の基礎:
回折とは、回折による拡がり、ヤングの実験、スリットの回折、回折格子、回折の計算、ガウシアンビームの伝搬、位相シフトマスク、円形開口の回折、光学的なフーリエ変換の考え方、レンズのフーリエ変換機能、インパルス応答、光学伝達関数、MTF

6. 偏光の基礎:
偏光とは、偏光の種類(直線/円/楕円偏光)、ブリュースター角、偏光子、波長板、旋光子、光アイソレータ、複屈折

7. 分散・散乱・吸収:
虹、波長多重とスキュー、ハイブリッドレンズ、レイリ散乱、ミー散乱、水の吸収

8. 測光・測色:
放射量と測光量、視感度、光度と輝度、三原色、視細胞、顕色系と混色系、色温度

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ