ホーム > セミナー > コロナ禍による自動車産業の変化2021

コロナ禍による自動車産業の変化2021

~従来トレンド"CASE""MaaS"の先にある潮流~

◇本セミナーは、「会場受講」の他、「ライブ配信」、「アーカイブ配信」がございます◇

「ライブ配信」、「アーカイブ配信」をお申込みしたい方はこちらからお申し込みください。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
自動車産業の変化
セミナーNo.
ssk201206  
開催日時
2020年12月15日(火)14:00~15:30
主催
(株)新社会システム総合研究所
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
紀尾井フォーラム 1F
価格
非会員: 33,330円(税込)
会員: 33,330円(税込)
学生: 33,330円(税込)
価格関連備考
1名につき 33,330円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)

講座の内容

趣旨
自動車産業へのコロナ禍による影響をポジティブに活かすには、変化の方向性を見極めることが重要だ。今回は、まず従来のトレンドであるCASEやMaaSへのコロナ禍の影響を踏まえたうえで、アフターコロナ時代に起きる潮流を考えたい。特にIVI、地域交通、スマートシティに注目し、新たなキーワード"ILR"について提言したい。
プログラム
1.コロナ禍によるCASE/MaaSへの影響

2.アフターコロナ時代での新たなモビリティサービスのトレンド

3.IVIが見据えるべき地平線

4.地域交通市場に起きる変化

5.スマートシティ・スーパーシティの再評価

6.アフターコロナのキーワード"ILR"

7.質疑応答/名刺交換

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ