ホーム > セミナー > ~視覚に訴える製品開発に向けて~質感情報の認知・処理メカニズムと製品技術への展開

質感が関与する多様な事象現象と質感を扱うために必要な技術と知識を、多角的に速習したい方にオススメです。
質感の解析から操作まで、製品技術に落とし込むのに重要な技術についても紹介。

~視覚に訴える製品開発に向けて~質感情報の認知・処理メカニズムと製品技術への展開

光沢や透明感、凹凸や照明の影響、人の嗜好や嫌悪・・・
視覚情報処理、画像統計量、テクスチャ解析・・・

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
視覚・質感
セミナーNo.
st180706  
開催日時
2018年07月17日(火)13:00~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
きゅりあん  4F 第1特別講習室
価格
非会員: 43,200円(税込)
会員: 41,040円(税込)
学生: 43,200円(税込)
価格関連備考
43,200円 (会員受講料 41,040円 )
定価:本体40,000円+税3,200円
会員:本体38,000円+税3,040円
【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の21,600円)】
  ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
   (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
  ※他の割引は併用できません。
備考
※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講座の内容

趣旨
 近年,「質感」が心理学や脳科学における大きなテーマの一つとなりつつある.質感は,英語圏では物体の材質(material)の知覚を指すことが多いが,日本語では,映像の質感とか楽器の音の質感というように,より広い意味で使われる.それは,複雑で捉えがたい感覚信号のパタンから何らかの安定した知覚表現を取り出す能力と関連している.この能力は,脳のどのような情報処理に支えられているのだろうか? 本講演では,その謎に挑む基礎研究の最新成果を様々なデモや錯覚を交えて紹介するとともに,それらが指し示す質感認知の理論が通信から工芸まで様々な技術分野にどのように応用されうるかを議論する。
プログラム
1.基礎編
 1.1 視覚情報処理の概要

    ・画像の符号化
    ・視覚特徴の解析
    ・低次・高次視覚皮質
    ・意思決定
    ・注意と意識
 1.2 質感研究の枠組み
    ・質感の物理と知覚
    ・光学
    ・コンピュータ・グラフィクス
    ・ヒューリスティクス
 1.3 画像統計量とその情報処理機構
    ・自然画像の統計的規則性
    ・生態光学と画像統計量
    ・テクスチャ解析
    ・統計的把握
 1.4 質感研究の事例
    ・光沢
    ・透明感
    ・凹凸
    ・照明の役割
    ・嗜好と嫌悪
    ・錯覚の利用

2.実績編
 2.1 画像特徴
    ・視覚情報処理と画像特徴
    ・色空間
 2.2 質感の解析
    ・心理物理学実験の基礎
    ・計測方法
    ・自然画像の扱い
    ・基本的画像処理
    ・眼球運動
 2.3 質感の操作
    ・画像統計量の操作
    ・テクスチャ合成
 2.4 より先進的な技法
    ・ディープラーニング
    ・生成モデル

  □質疑応答□

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ