ホーム > セミナー > シリカ系ナノ粒子の特性・調製、表面処理技術とその機能および応用展開

★ シリカの特性を活かして、目的とする機能性に応じて材料改良へ!
★ ナノ粒子の表面処理法の基本的な考え方と実例、「表面、大きさ、形状、構造」とその応用例とは!

シリカ系ナノ粒子の特性・調製、表面処理技術とその機能および応用展開

~シリカ系ナノ粒子を中心とした、無機複合系ナノ粒子とキャラクタリゼーション~
~無機ナノ粒子の調製法のポイントとテクニック~

セミナー概要

略称
ナノ粒子
セミナーNo.
st200212  
開催日時
2020年02月28日(金)10:30~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
きゅりあん 4F 第1グループ活動室
講師
元・日揮触媒化成(株) ファイン研究所 技監(2019.12まで) 西田 広泰 氏

・東京理科大学 理学部 化学科 修士課程 修了
・専門:界面化学
・研究内容:無機質(シリカ系)のコロイド化学
価格
非会員: 49,500円(税込)
会員: 47,020円(税込)
学生: 49,500円(税込)
価格関連備考
49,500円 ( 会員受講料 47,020円 )
定価:本体45,000円+税4,500円
会員:本体42,750円+税4,270円

【2名同時申込みで1名分無料!(1名あたり定価半額の24,750円)】
※2名様とも会員登録が必須です。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、1名あたり定価の半額で追加受講できます。
※受講券、請求書は、代表者に郵送いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。
備考
資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講座の内容

習得できる知識
① 均一な無機ナノ粒子の調製法のポイントとテクニック
② 無機粒子の特性について
③ ナノ粒子の表面処理法の基本的な考え方と実例の紹介
④ 表面処理されたナノ粒子の4つの機能(表面、大きさ、形状、構造)とその応用例
 これら①~④のことから、無機ナノ粒子の有する特性(機械的、電気的、光学的、物理的・化学的)を理解して、新しい応用分野を開拓していく。
趣旨
 無機系ナノ粒子は、その材料の有する特性により、電気的、機械的、光学的、物理的な特性が異なるために、目的とする機能性に応じて、改良が必要となる。最近では、複数の機能性が要望されることが多く、多成分の組成を有する複合粒子が、特に、要望されることが多い。
 本講義では、シリカ系ナノ粒子を中心に、主として、無機系の複合系ナノ粒子の特徴とそのキャラクタリゼーションについて述べる。
プログラム
1.無機ナノ粒子の分類とその特性
 1.1 組成及び形状での分類
 1.2 粒子の機械的特性
 1.3 粒子の電気的特性
 1.4 粒子の光学的特性
 1.5 粒子の熱的特性

2.無機粒子のキャラクタリゼ-ションについて
 2.1 シリカ系ナノ粒子の特性
 2.2 固型分濃度と粘度の関係
 2.3 粒子径と光の透過率の関係 
 2.4 粒子径分布と粘度、透過率への影響
 2.5 粒子径分布と濃縮安定性
 2.6 粒子のアルカリ又は酸領域での安定性

3.無機粒子の表面処理の設計とテクニック
 3.1 ナノ粒子の有機溶媒への分散性
 3.2 表面処理の基本的な設計
 3.3 表面処理剤の選択方法
 3.4 表面処理方法の分類とテクニック
 3.5 具体的な例題

4.無機ナノ粒子の4つの機能とその応用
 4.1 無機粒子の機能について
  4.1.1 大きさ(粒子径)
  4.1.2 形状
  4.1.3 表面
  4.1.4 構造(組成)
 4.2 機能に応じた応用例

5.今後、期待される無機粒子について
 5.1 無機・有機複合粒子
 5.2 多孔質ナノ粒子
 5.3 単分散無機粒子(球状、異形状)
 5.4 無機複合粒子

  □質疑応答・名刺交換□

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ